2009年07月23日

弾丸日食ツアー(笑)から帰ってきました

熊本発の最終便で東京に帰ってきました〜。
まずは、ミユミユ渾身の力作を。

【撮影方法】
・日食グラス
・Canon IXY Digital 800IS(いわゆるコンデジ)
【撮影場所】
 JR九州 鳥栖駅ホーム上(笑)

eclipse1.jpg
↑ちょっとぼやけてますが、写真の撮影時刻を見ると10:55だったので、恐らくこれが最大食(90.4%)の頃。

eclipse2.jpg
↑おお、ベストショット!撮影時刻は10:59(89.8%ぐらい?)。

まあチンケな撮影機材なので、そこはお許しを。
#それでもこれだけ撮れれば素晴らしいぞミユミユ!

あとはなぜか電車の撮影会になってました(笑)>ミユミユ
しかし周りになーんもないちっこい駅なのに、特急が軒並み止まること止まること。知らなかったのだが「鹿児島本線から長崎本線が分岐する交通の要衝」駅だったんですなあ。見ただけでも、リレーつばめ号はもちろんのこと、「みどり」「かもめ」「ハウステンボス」「ゆふいんの森」…九州の特急はイケメン特急(爆)が多くて、なかなか見ごたえがありましたわ。

その後は熊本まで戻り、時間もあることだし熊本城観光。
天守閣に登って殿様気分を味わう。

090722_1519~0001.jpg
↑清正公に戦いを挑む4歳児(笑)

そのまま熊本空港へ行き、帰途に。
弾丸日食鑑賞ツアーは幕を閉じたのでした。

あああ明日(つか今日)からまた仕事ですなあ〜。
果たして現実に戻れるかしらん。

posted by ぷにた at 01:55 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | ▲その他:2009皆既日食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

日食を求めて三千里

リレーつばめ号で博多に向かってじわじわと北上。だんだん最大食の時間も近づいてくるし、あせるあせる。

外を見ると薄曇りながら太陽は見えている模様。次の駅で降りようと決断、寝ていたハルリンもたたき起こして下車。ホームの端を見ると、2人ぐらいオジさんがカメラや日食グラスで太陽を見ている。

さっそく日食グラスを取り出し鑑賞。
…ううむ、いい感じですぞぉ〜。

何となく暗かったのは既に太陽が90%近く欠けてたからなんですね。気持ち薄暗〜く、風もひんやりした感じ。

***ミユミユがデジカメでの撮影を頑張ってくれました。後でその珠玉作を載せますね♪***


最大食(約90%)を過ぎ、だんだん太陽が戻ってきたところで鑑賞終了。その後は、再びどんより曇り空に逆戻り。いや〜唐突にここまで来たけど、無事に見れたという安堵感でついうるうる来てしまいました。きっと神様からのプレゼントだね。

ところで、ここどこ〜?(笑)

090722_1137~0001.jpg

…鳥栖!(爆)

何とS・A・G・A・佐賀(古)でございます!

よくもまあ太陽を追っかけてこんなとこまで(笑)
頑張りましたあ〜。

posted by ぷにた at 17:41 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | ▲その他:2009皆既日食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

つばめで北上中

朝から雨の鹿児島を早々に見限り、つばめ号&リレーつばめ号で九州北上中。

熊本まではどんよりでしたが、だんだん晴れてきましたよ。電車の中でも欠けている太陽を見れて、ミユミユはおおはしゃぎ。良かったね!

大牟田あたりで太陽は完全に顔をのぞかせ、最大食90%の鑑賞を期待できそうです。

…ちなみにハルリンは「早くおうちへ帰りた〜い」とつぶやきこてっと寝てしまいました(笑)。


posted by ぷにた at 10:26 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ▲その他:2009皆既日食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

日食ジプシー中

今日の予報だと、どうも鹿児島の天気も怪しくなってきた模様…。逆に、福岡など北九州の方が天気が良くなってきてしまって、振り回されている現状である。
090721_2118~0001.jpg

今回、初めてマイPC(Let's note)も旅行に同伴。天気予報などもPCで見ることができるし、バスや電車の時刻表も見ることができるし、部分日食プロジェクトの練り直しには殊のほか役に立つ。何かと言えばケンカばかりしているハルミユ姉弟よりも全然役に立つぞ(笑)。

090721_1926~0001.jpg

↑…にしても、呑気なバカ姉弟(苦笑)


復路は幸いにも熊本空港発。結局のところ、鹿児島から北上しなければならないので、早い時間に鹿児島を脱出して、九州を北へ北へ進みますかね。

posted by ぷにた at 21:59 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ▲その他:2009皆既日食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気がつけば鹿児島だあ

090721_1640~0001.jpg
羽田14:30発JL1873便で鹿児島着。昨日の今頃は行くことも決まってなかったのに、この場にいることが不思議な気分。

残念ながら、鹿児島は小雨。まあこれは予定通り。問題は明日…これからホテルで戦略を練らなければ。

空港では皆既日食展とかやってたけど、この天気では盛り上がりも今ひとつ?(笑)
posted by ぷにた at 17:18 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ▲その他:2009皆既日食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

唐突に明日、鹿児島入り

すっかりブログもごぶさたしてしまいました(毎度毎度ですがな!)

仕事もようやく一段落、中学のPTA広報は印刷業者をめぐってギリギリまですったもんだしましたが、こちらもようやく一段落(詳細はまた別途(苦笑))。

そんなぷにた@中学高校のクラブは天文班、の一番の関心事はなんといってもあーた、46年ぶりに日本で見られるっちゅー皆既日食ですがな!とはいえ、鹿児島の離島でしか見られないし、しかもツアーの金額が3泊4日テント泊でさえ18万とかいうんじゃ、さすがに手が出せず…orz。
ちなみに次に日本で見られる皆既日食は2035年9月2日(ぷにた68歳予想(笑))。ま、熊谷、宇都宮あたりでも見られるから、年取ってても大丈夫!(爆)

今回の日食は東京でも75%は欠けるから、相当欠けることは欠けるんだけど、しかし数日前から天気予報は雨とか曇りとか…(とほほ)。本州全滅?テレビで中継見るしかないかと思っていたら、今日の昼過ぎの予報で鹿児島・宮崎が「曇り時々晴れ」の予報に…。

…これは行けとのお告げですか?

てな訳で、急遽鹿児島行きの明日のヒコーキのチケットを電話予約。ママLove♪なハルリン、よくわかんないけど日食は見たい!なミユミユも同伴することに。帰りの7/22鹿児島発の便が取れませんでしたが、熊本発最終便のチケットを押さえたのでとりあえず何とかなるでしょう。

史上最強のノープランな旅行になりそうです(笑)。

こんな無謀な旅行にもかかわらず、「見たいんなら行くべきじゃない?」と快く送り出してくれる亭主に感謝。・゚・(ノД`)・゚・ウワアン

…しかし日食だよ?月食とちゃうよ?仕事なんかほっぽって何より日食見るでしょ!?と主張する私に

「いや、そんなことはないよ。フツーは仕事」

とあっさり返す亭主。私の感覚がヘンらしい。うーん、普通そーいうもんなんすかねえ。



↑今さらですが、日食ブログパーツ。
ちなみに屋久までは行けません。鹿児島で部分日食(96%)を見る予定。


<追記>
7/22(日食当日)は会社を休むことは言ってあるのですが(休む気マンマン(笑))、明日休むことは上司にまだ言ってません(←ヲイヲイ)。三連休中だったし、ホントに唐突に決めたからなあ、鹿児島行き。まあ仕事ヒマだし、許して♪

posted by ぷにた at 23:58 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | ▲その他:2009皆既日食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

風は虹色コンサート

アユボンが卒会、現在ミユミユが通っている学童「風の子クラブ」の父母有志が、明後日5日(日)コンサートを開催するとのこと。
風の子のママパパってどんなん?と関心のある方は、ぜひのぞいてみてくださいね!

ちなみにぷにたは、ハルリンの保育園のクラス親睦会のため、木場公園でBBQでーす(笑)。
#こっちはのぞかなくていいからね!!(爆)


-----
別紙にご案内します「風は虹色コンサート」は、風の子クラブ父母有志により、来る 風の子30周年記念行事の予行演習を兼ねたいと企画してまいりました。
「このコンサートをきっかけに、みんなで周年行事イベントのアイデアを出し合いたい!」 と、ただいま父母会周年行事部さんの協力を得ながら準備を進めております。また、コンサート会場に風の子クラブへの募金箱を設置し、対外的なPR活動の場にもなればと考えております。
父母の皆様には、これらの主旨をご理解いただき、ご家族、お友達をお誘いあわせの上、たくさんの方に足を運んでいただければ幸いです。

2009年7月5日(日)14:00開演
江東文化センター3階 視聴覚室にて
-----
お知らせPDFはこちらから。
posted by ぷにた at 23:24 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ★WM:保育園・学童のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

江東区でも新型インフル発生!

本日、ついに江東区でも新型インフルエンザが発生した模様。
http://www.city.koto.lg.jp/seikatsu/hoken/44533/45605.html

保育園や小学校などの対応は…
-----
区では、これを受けて午後7時25分から山ア孝明・江東区長を本部長とする「江東区新型インフルエンザ対策本部会議」を開催し、今後の区の対応を検討し決定しました。
(1) 区内の小・中学校、保育園の休校、休園は行いません。
(2) 区主催の集会等の自粛及び民間への自粛要請は行いません。
(3) 区役所及びその他の区施設については、原則として、全ての業務を継続します。
-----
とのこと。

あせらず騒がず、冷静な対応が肝要ですね。


posted by ぷにた at 23:02 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ■江東区の保育:保育施策全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

「待機児童対策に関する調査報告と提言」

ぷにたも参加させてもらっている「保育園を考える親の会」が、このたび「待機児童対策に関する調査報告と提言」を発表しました。
http://www.eqg.org/oyanokai/opinion_090614taikiji.pdf

3月に親の会内で「待機児童の緊急対策を考える部会」が立ち上がり(ぷにたも名前だけは連ねさせていただきましたが、忙しさのあまり何もせず(スミマセン(汗)))、あっという間に素晴らしい報告と提言を作り上げてしまいました。恐るべし、親の会の底力。

特筆すべきは、4月時点での各自治体の待機児童数の公開。しかも厚生労働省が定めたいわゆる「新定義」でなく、純粋に認可園の申請数−入園可能数で算出した「直接待機児童数」を出しています。いかに認可園に入れなかった人たちがいるか(新定義での人数でいかに誤魔化してるか(苦笑))が一目瞭然です。

江東区の待機児童(新定義)は、先日の厚生委員会で312人と発表がありました。で、この報告書による認可園の純粋な待機児童数は以下のとおり。何と、900人超。

-------------------------------------------------
■全年齢合計
申請数 入園決定数 直接待機児童数 入園決定率
2,647    1,730      917    65.4%

-------------------------------------------------
■0歳児
申請数 入園決定数 直接待機児童数 入園決定率
 653     412      241    63.1%

■1歳児
申請数 入園決定数 直接待機児童数 入園決定率
 899     519      380    57.7%

■2歳児
申請数 入園決定数 直接待機児童数 入園決定率
 549     334      215    60.8%

■3歳児
申請数 入園決定数 直接待機児童数 入園決定率
 358     301       57    84.1%

■4歳児
申請数 入園決定数 直接待機児童数 入園決定率
 146     123      23     84.2%

■5歳児
申請数 入園決定数 直接待機児童数 入園決定率
  42     41        1    97.6%

※入園決定率は、入園決定人数÷申請数。
0〜5歳児の決定率は、ぷにたが計算してみました(^-^;)。

全体で65.4%…って、申請児の2/3しか認可園に入れないこの現実。しかも1歳児に至っては半分近くが入れない。一番厳しいといわれる1歳児での入園、この数字が如実に語っています。

また、家庭状況別の入園状況も新しい視点。待機児童が増えたのは不況で働く母親が増えたから、などという画一的な報道がなされていますが、果たしてそうなのか?というギモンがそこにはあります。
自治体の自己申告ではありますが、江東区では求職中の方は少なめ、育休明けの申請者が多いという、報道などとはちょっと違う一面も。

待機児童問題、本当に「待ったなし!」の状態だと思います。江東区にはまだまだ頑張っていただかないと。分かってるよね!?>保育計画課長殿(笑)

posted by ぷにた at 01:20 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | ■江東区の保育:保育園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

前例を変えるのは大変だ

19時からアユボン中学校のPTA実行委員会(いわゆる、執行部と広報・厚生・校外などの専門委員会の会合の場である)。ヤレヤレー。

広報は「負担が多い」とどうも人気がないし、負担軽減ということも考えて発行回数を3回から2回に減らすことを提案(昨年の小P広報も2回だったしね)。広報委員会では全員の賛成を受けたものの、意外なところで物言いがつく。

…執行部。
#やっぱりー(T^T)

予算内なら、何回発行しようが広報委員会の自由でしょーがと思ったのだが、やはりそうはいかないらしい。やっぱり「PTAの広報紙」でありますから。そんな訳で、あらかじめ執行部と学校側との「役員会」にあげた後、さらにこの実行委員会に下ろして承認を得る必要があるとのこと(とほほ)。

実行委員会では広報委員会からの報告として、
@2学期制になったので、それに合わせて発行回数も2回にする
A区内の大半の中学校が年間2回の発行となっている
B負担軽減
といった観点から、あらためて発行を2回としたいということを説明。役員会でもあらかじめ2回化とする方針が得られていたし、この場でも特に反対意見も出ず、拍手による賛成多数で無事2回に減らすことが決定。まずは一安心(T^T)。

いやしかし、以前執行部の方々に説明した時も「前例が云々」という言葉の多いこと。発行をたった1回減らすだけなんだけど、それだけでも本当に大変なのねえ。PTAという組織で、前例を変えるのってつくづく難しい。



にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
でも自分が楽になるならば!の精神で頑張りますた!そんなプニタに愛のワンクリックを。

posted by ぷにた at 23:33 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ★WM:小学校・中学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。