2007年06月25日

金魚、全滅

土曜日、急にいちごちゃんの元気がなくなった。力なく、斜めに泳いでいる。見ると、しっぽやひれの先っちょが白っぽくなっている(ところどころ点々も)。金魚サイトを見ると、「尾腐れ病」とか「白点病」とかいろいろ書かれているので、水を少し温めたり、鷹の爪(!)を入れてあげたり、善処は尽くしたのだが、日曜日の朝にはお亡くなりに。

いちごちゃんはものすごく元気な金魚で、図体も大きくなって
「将来は鯉になるんじゃないか(爆)」とまで言われていただけに、あっけないご臨終に皆言葉もない。

やはり、4期生(既に2匹とも逝去)を入れたのがまずかったのか、病気を持っていたのか…。かわいそうなことをしてしまった。

我が家の空っぽの水槽が、むなしい。
posted by ぷにた at 13:28 | 東京 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | ●家族:我が家の金魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

金魚4期生

070611_0720~0002.jpg

久々我が家の金魚ネタ。

今年春頃に、一番小さかった「ちゅーりっぷちゃん」が、そして先週水曜日に金魚1期生(←モー娘?(笑))だった「でぶかあさん」が相次いで死んでしまい、さみしくなってしまった我が家の水槽。
#でぶかあさんはミユミユが金魚すくいで取ってきて3年生きてました。
#それだけにショックもひとしお…。緑道公園に埋めてあげました。合掌。

2006年1月にちゅーりっぷちゃんと一緒に買ってきた2期生の「いちごちゃん」はすっかり図体もでかくなり、悠々と泳いでいる。「これじゃ『とちおとめちゃん』から『あまおうちゃん』だよね」とささやかれることもしばしば(笑)。
(ちなみに3期生は流金の「モモちゃん」。残念ながら今年2月に逝去。)

金魚4期生を加入させるべく、西葛西の島忠へ。アユボンとミユミユとで金魚を選ぶ。
アユボンが選んだのは、まだら模様の流金。えらく威勢がよく、元気もあって楽しみである。アユボンはこの金魚に「呂布(りょふ)ちゃん」と命名。
#アユボン、三国志のゲームにはまっているのだ(笑)
ミユミユも赤い流金を選んだ。「めろんちゃん」と命名。
#相変わらずベタベタなネーミングである(笑)

水槽に放すと、いちごちゃんに比べ2匹が妙に小さく感じる。こやつ、こんなでかかったっけ(笑)。しかも金魚の飼い方サイトをみると、種類で水槽は分けたほうが良かったみたいね。いちごちゃんの種類(和金)は大きくなると違う種類の金魚をいぢめることもあるらしい。いちごちゃんが新入りの金魚をいぢめないように注意深く見ていかなきゃ。

呂布ちゃんはなかなか元気なヤツで、えさの食いっぷりもいちごちゃんに負けず劣らずで今後が楽しみである。逆に、めろんちゃんは水槽の中でもぽよ〜んとしていて(飼い主に似てる?(笑))あまり元気もなくちょっと心配。新しい環境に慣れてくれるといいんだけど。

***22:53追記
帰宅してみたら、予想通りめろんちゃん亡くなっておりました。うーん、たかが金魚、されど金魚。生き物を飼うのって本当に難しい。何もできずにごめんね、めろんちゃん。
合掌。
posted by ぷにた at 13:26 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | ●家族:我が家の金魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

モモちゃん、ご臨終

昨年秋、アユボンが近所の池で捕まえてきた流金の「モモちゃん」が今朝、死んでいました。昨日までは元気に泳いでいたんですが…。

モモちゃんの死骸は、亭主愛用「リアップ(爆)」の空き箱に入れ、緑道の片隅に埋めてあげました。一昨年の夏に死んでしまった「あめあめちゃん」を埋めたところと同じところです。
「安らかに眠ってね」とミユミユとお祈りしました。


060905_0847~0001.jpg
 ← 昨年秋のモモちゃんの雄姿
   (一番左がモモちゃん)
posted by ぷにた at 18:05 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:我が家の金魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

お引っ越し

060905_0847~0001.jpg

…といっても金魚ですが(笑)。

アユボンが近所の団地の池でつかまえてきたという金魚(一番左のヤツ)を1匹加え、4匹になった我が家の金魚。部屋の片隅に置かれた、以前の小さい水槽ではあまりに狭いので、お引っ越ししました。リビングボードの上に移り、広く、明るくなって金魚たちも嬉しそう。

前は澱んだ水槽にいたせいか(笑)、大きさもよく分からなかったのだが、黒目がちだった「いちごちゃん」はいつのまにか巨大になっており、一番大きかった「でぶかあさん」よりも図体がでかくなっていた!
#来てまもない頃の様子は、こちら参照

アユボンがつかまえてきた琉金?はミユミユが「モモちゃん」と命名。しかしこのモモちゃん、よく食べるのである。食いっぷりが実にすごい。体型からして「金魚界のアユボン」である(笑)。
#本人に言うと怒られそう(笑)。

高いところに水槽を置いたので、ハルリンにおイタされることもない。夏休み中に行った「アクアワールド大洗」から魚づいているハルリン、「とと!とと!」と金魚を見ては大騒ぎしていた。

posted by ぷにた at 20:50 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:我が家の金魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

でぶかあさんのお友だち

image/punita-2006-01-10T13:00:39-1.jpg

昨年夏、あめあめちゃんが死んでしまい、1匹だけになってしまった金魚のでぶかあさん。もっとも本人気にする風もなく(って魚だから表情が変わるわけじゃないので当然だが(笑)。)悠々自適な生活を過ごしていたようだが、いつまでも1匹でいるのはかわいそう!(by ミユミユ)ということで、お友だちを買ってあげることにした。

しかし、金魚ってなかなか売ってないものなのね〜。昔の記憶を思い出し、かつて住んでいた西葛西にある、「島忠」に行き金魚を品定め。でぶかあさんと同じ種類の金魚(小金)で元気そうなのを2匹購入。1匹37円、しめて74円ナリ。

ビニール袋に水と金魚と空気を詰めてもらい、ミユミユが大事そうに抱えて持って帰る。帰りの車中で、ミユミユ主導で金魚の名前を考えることに。アユボン考案の「強そう&へなちょこ」な名前は全て却下(笑)、結局、黒目がち(爆)な金魚に「いちごちゃん」、ちょっと小さめな金魚に「ちゅーりっぷちゃん」と命名。
#しかしべたべたな女の子のネーミングですな(笑)

果たしてみな同じような顔した金魚同士、「でぶかあさん」と区別がつくのか?と心配したが、水槽に入れてみると、金魚は金魚なりに特徴があって(笑)意外と区別がつくので一安心。最初、新入りの2匹は水槽の中でわたわたと落ち着かなかったが、えさをあげてしばらくするうちに慣れてきた模様。

長生きするといいね!


posted by ぷにた at 13:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:我が家の金魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

さよなら、あめあめちゃん

一時は持ち直したかに見えた、金魚の「あめあめちゃん」だが、15日頃から動きがまたおかしくなってしまった(横になって動かなくなっている状態)。前日までは元気に泳いでいたのだが...。
ネットで調べてみると、「転覆病」というのがどうもあめあめちゃんの状態に似ている様子。浮き袋の変形や圧迫によるものらしいが詳細は不明、とのことでとりあえず水(水温が下がるとかかりやすいそうなので、少し温めた)を加えてみたり、塩を加えたり、といろいろやってみる。が、先日のような劇的な効果はない。時々ぴょこぴょこと泳ぎだすが、すぐ力尽きて横になってしまう。

16日も回復の兆しはない。前日よりもますます動かなくなる(えらや目が時々動くので生きているのが分かる程度)。

17日、水面に浮かんだまま動かない。気になりつつも仕事、保育園へ。帰ってきてみると、朝の状態から全く変わっていない。ああ、ついに...。

ミユミユは「やだぁ〜!あめあめちゃんとお別れするのやだぁ〜!!」と大泣き。ミユミユが自ら金魚すくいでゲットした金魚、思い入れもひとしおだろう。しかし、いつまでも水槽に放置しておくわけにもいかない。
「あめあめちゃんは、天国のおじいちゃん(昨年11月逝去)とこに行ったんだよ。おじいちゃんがきっとかわいがってくれるから...」となだめる。

そして今日。あめあめちゃんをマンション近くの道の植え込みに埋めてあげました。ミユミユが毎日保育園に通う道。きっと、いつもあめあめちゃんが見ていてくれるね。

posted by ぷにた at 22:45 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | ●家族:我が家の金魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

あめあめちゃんを救え!

我が家では金魚を2匹、飼っている。
両方ともミユミユが昨年金魚すくいで取った金魚だ。
大きい方が「でぶかあさん」、小さくてイキのいいのが「あめあめちゃん」。
#ミユミユ命名である。

水槽はリビングに置いてあるのだが、ハルリンのベビーベッドを置いたために端っこの方に追いやられてしまっていた。そんな訳でエサをやるのも3日に1度ぐらい(金魚はそのくらいのペースでも全然大丈夫らしいのだが(汗))、水が減っていてもなかなか気が付かない状態だった。

今日、亭主が水槽を見て「大変だ!」と大騒ぎ。
あめあめちゃんが横になって沈んでおり、まさに瀕死の状態。
エサはあいかわらず3日ぐらいあげていなかったし(汗)、何より水が減ってエアーポンプ(上からブクブクが出るタイプ)の空気がほとんど行き渡らない状態になっていた。

あわててカルキ抜きをした水を加え、エサをあげる。
あめあめちゃんはぴょこぴょこと泳ごうとはしてみるが、すぐに力尽きて底に沈んでいってしまう。
「がんばれー!」と応援する亭主とミユミユ。

とりあえずやるだけのことはやったので、下からブクブクが出るタイプのエアーポンプを買いに行くことに。ミユミユは水槽を見つめたまま離れないので、とりあえずなだめて出かけることにした。

「うーん、でも横になっちゃってるしなあ…、あめあめちゃん。かわいそうだけど死んじゃうね、きっと…」

みな重ーい気持ちで出かけ、スーパーで買い物をして4時間後、帰宅。
金魚の水槽を見てみると、、、
あめあめちゃんが元気に泳いでいる!
「やったー!!」と歓声が。
あんな死にそうな状態だったのに、すっかり元気になっている。100%無理だと私も亭主も思っていたのに、小さな身体でこの生命力には脱帽である。私も思わず涙。

早速エアーポンプも変えてやり、これで多少水が減っても一安心。
あらためて金魚の世話係にミユミユを指名した。エサをあげたり、万が一水が減ってしまった時には私か亭主に連絡することになっている。
#水道水はそのままあげられないので

小さくても「生きよう」と頑張っている生命、大事にしてあげようね。

posted by ぷにた at 23:34 | 東京 🌁 | Comment(5) | TrackBack(0) | ●家族:我が家の金魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月12日

金魚その2

今朝、亭主がモモコちゃんをベランダの植木鉢に葬ってくれた。
朝見ると、2番目に小さいみーくんがちょっと弱っているようだ。

結局、みーくんは帰ってきた時には絶命していた。
でぶかあさんもちょっと心なしかちょっと動きが鈍っている様子。
元気なのはひとりエサを探しまくっているあめあめちゃんだけだ。
う〜ん、やっぱり金魚すくいの金魚なんてこんな弱いものなのか?

ミユミユは「かわいそうね…」と水槽をじっと眺めている。

ところで今日は会社を早めにあがり、区連協の会長さんたちと待ち合わせして区の学童担当部署である児童課の課長さんと面談。
#「次世代育成支援地域協議会」でご一緒しているので
#お互い顔は知っている
そこで1時間ぐらい懇談(といっても会長にすべてまかせきり(笑)。頼りになる会長だ)。お互い、お手並み拝見といった感じか。
posted by ぷにた at 00:10 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:我が家の金魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月10日

アユボンとミユミユとモモコちゃんと金魚

今日も朝からアユボンは「う〜んきもちわるいなあ…」とゴロゴロ。
熱を計ったが、36.7度で異常なし。
「今日も風の子休みたい…」と言うので、「さすがに今日はおかあさん休めないよ」というと「じゃあひとりでお留守番してるよ」。

まあ今日は妹が早めに来てくれる日なのでまあいっか、と思っていたら、風の子のお友だちから「一緒に風の子行こうー、これから迎えに行くから」とお誘い電話が。それを聞いたアユボン、「やっぱ風の子行って来る」と慌てて身支度を始めた。おいおい、行くの?じゃあ昼ご飯の準備しなきゃ。今日がお昼作りの日でよかったよ。
#お昼作りの日は主食のみ持参でよいのだ

こうしてアユボンは出かけていった。

ミユミユは日曜日に金魚すくいでゲットした金魚の観察をしている。
#私がアユボンのお迎えに行っている間にイースト21でゲットした模様である。
4匹すくい、それぞれに

(1)でぶかあさん(なにっ!!(`へ´))  …一番大きい
(2)あめあめちゃん            …ヒレに黒い模様あり
(3)みーくん
(4)モモコちゃん              …一番小さい

と命名。
ところが、昨晩一番小さかったモモコちゃんが絶命してしまった。
「モモコちゃんしんじゃった…かわいそうね…」とミユミユはやはり死んでしまった1匹を気にしている。
「うちにつちあるぅー?」…土に埋めてあげるつもりらしい。でも我が家は1Fではない。埋めてあげられるような場所もないので、「じゃあ緑道公園にでも埋めてあげようね」となだめて保育園に連れて行く。

ところで「モモコちゃん」ってば確か私の腹の中の赤ちゃんの名前ではなかったか?(^^;)
何か不吉である…でも腹の中の我が子はそんなことはお構いなく(そりゃそうだ)、今も元気にプルプル動いている。
posted by ぷにた at 23:48 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:我が家の金魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。