2005年05月24日

ハルリン、3・4ヶ月検診

#てもう、5ヶ月なんですが>ハルリン

本来なら前月受けるはずだった、ハルリンの3・4ヶ月検診。ちょうどミユミユの親子遠足とぶつかり受診できず、今日受けることとなった。

なぜかおばあちゃんもやってきて、一緒に保健所に行くと言う。
「保健所なんて一度も行ったことない」と言うので、散歩がてら一緒に行くことにした。
#いや私も江東区に引っ越してきて初めてなのだが(笑)

15分ほど歩いて保健所へ。まずは体温の計測→問診→小児科医の検診→BCG…という流れ。
見れば全員お母さん&赤ちゃんという面子で、さすがにババ連れなど一組もいない。絶対「育児に手慣れてない、高齢で初めての赤ちゃんを産んだママ」と思われてるよ(笑)。

それを知ってか知らずか、声をかけられるとばーちゃん、「あーもうこの子ったら3人目なんですよ…」とデカい声で言っては、相手が驚く様子を楽しんでいる(笑)。

保健師さんによる問診、その後検診。さすがに5ヶ月児、3・4ヶ月児の課題(首の引き上げ、うつぶせ寝)など軽々クリア。

そして今日のメインイベント・BCG。私に身体を押さえられ、保健師さんに腕を押さえられてただならぬ気配を察したハルリン。腕を消毒された時点でスースーしてイヤだったのか、すでに泣き出している。先生にスタンプをブスリ、ブスリ。アユボン(アユボンは赤ちゃんの時と小1の時と2回やっている)、ミユミユ、ハルリンとBCGを打たれるのを4回見ているが、どーもこのスタンプだけは痛そうで見てられないなあ。

そうそう、結核予防法の改正により、従来行われていたツベルクリン反応の注射は、2005年度から廃止された。ちょうどいい時に施行されてラッキーだのう>ハルリン

#ちなみに、小・中学校で行われていたBCGも今では廃止されている。
#その代わり生後3か月〜4歳未満に接種すれば無料だったBCGは、6ヶ月未満までに
#接種しないと自費負担となるので注意。

なお、今日は「3・4ヶ月検診、1日目」。1日目、ということは2日目もある。
以前のようにツ反→BCGという流れで検診2日目も受診しなければならないならば仕方ないが、保育園でも毎月検診はやっているし、「お母さんのための尿検査」も会社の健診でやっていることだし、遠慮しておくことにした。働いてたらそうそうは休めないのよーん。

終わってみたらもう4時。慌てて保育園にミユミユをお迎えに行ったのだった。
posted by ぷにた at 21:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月17日

ハルリンの微笑

昨日で、生後2ヶ月のハルリン。

a0034423_1373336.jpg
昨日あたりから、機嫌が良いとハルリンが微笑むようになってきた。しゃべりかけると小声で「くうー」とか「あー」とか言うようになったし。

またこの頃から、一段とかわいさが増してくるのだよね。うひょ。
posted by ぷにた at 23:19 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月24日

石田ひかりも自宅出産

スポニチより引用---
「病院ではなく、より自然分娩(ぶんべん)に近い形で産める自宅での出産は、最近ヤングミセスの間でも増えており、…」

ヤングミセスですか(笑)>ワシ
posted by ぷにた at 08:18 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月18日

1ヶ月検診

1ヶ月検診。…と言っても、私の検診である。

妊娠中、直径3cmという大きさだったにも関わらず、いつのまにか消えてなくなってしまった子宮口のポリープ。それがホントに消えたのかどうかを確認するため、石村先生の嘱託医である、両国の川越クリニックの佐々木先生のところへ。

見てもらったが、やはり影も形もなくなっているとのこと。うーん、あのどでかいのがいったいどこへいってしまったんだろう?

それにしても毎回時間をかけて説明してくださり、何といっても超音波の写真も3枚ももらえたし、実に満足のいく診察を受けられたと思っている。感謝感謝。

その後は検診の患者さんがいないということで、石村先生に車で東陽町まで送ってもらった。

 ※ちなみに佐々木先生は茨城県守谷市にある総合守谷第一病院
  副院長・産婦人科部長先生だそうで。
  冷静沈着、ときどきお茶目(笑)なステキな先生でした。
posted by ぷにた at 23:45 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月15日

ハルリン、1ヶ月健診

ハルリンもこの世に生まれでて、明日でちょうど1ヶ月。
助産婦の石村先生が昼過ぎに来て、ハルリンの1ヶ月健診をしてくださった。

気になる体重はジャスト4,000g。おっぱい&ミルクの飲みが気になっていたのだが、そこそこ体重も増えていて一安心。
その他、K2シロップを飲ませたり、沐浴をさせてもらったり。

気になる点は2点。
停留睾丸
  ぬわんとハルリン、タマタマが1個しかない(汗)。右側のがあるべきところに収まって
  ないのだ。体内に残ってしまっているらしく、そのままにしておくのはあまり良くは
  ないようだ。
  自然に降りてくる場合もあるが、将来降りてこなければ、手術も考えられるとのこと。
出べそ(臍肉芽腫)
  かなり前からおへそがじくじくしていた。13日頃からおへその中がぽよんと
  出っ張ってきている。先生曰く、「縛って硝酸銀で焼けば簡単に治る」そうだが。
  泣くとさらに出っ張るので見た感じ痛々しい。

経過は小児専門医に任せた方がいいでしょう、ということで総合病院への紹介状を書いてもらうことにした。
posted by ぷにた at 22:37 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の飲みっぷり

さて、今日の飲みっぷり。

【3:00 - おっぱいのみ】
結局3時まで起きず。おっぱいのみで満足。

【5:30 - おっぱい&ミルク80ml】
3時間持たず、ちょっと早めに泣き出す。
その後、7:30頃また泣き出したので、添い寝しながらおっぱい、で私もハルリンもぐっすり。

【13:00 - おっぱい&ミルク80ml】
【15:00 - おっぱい】
14時30分すぎに助産婦の石村先生がハルリンの1ヶ月検診に訪れる。
沐浴後、おっぱい。

【17:30 - おっぱい&ミルク80ml】
昨日負傷して1日使ってなかった右側のおっぱいでの授乳にチャレンジ。でもやはり痛い!何となくまた傷が大きくなった感じが…(T^T)

【20:30 - おっぱい&ミルク80ml】
結局、また右側での授乳は断念。やはり躊躇してしまうのよねん。
その後ぐずるので、添い寝授乳(添い乳(笑))で私も熟睡。
posted by ぷにた at 22:21 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月14日

ハルリン、初めての外出

ハルリンが生まれて、早いもので4週がたった。
そろそろ外出もOK?ということで、ハルリンを連れてミユミユを保育園に送っていこうということになった。
ハルリンをミユミユおさがりのアウターでくるむが、何しろこのアウター、サイズ80cmなのでぶかぶか。フードもがばがばなので、あわててフードを外して帽子をかぶせたり、出掛けに何しろあわただしい。

仕度も終わり、さて、何で連れて行こうか?と考え、現在人気花マル急上昇中(か?)の「ベビースリング」なるものに初挑戦。前日、使い方のビデオも見て研究しておいたのだが、何せ慣れないものでジタバタ。ハルリンはぶかぶかのアウターを着ていたものだから、スリングの中に入れたらアウターに埋もれてしまっている。
#それでもなおずっと寝つづけているのだからさすがである。
それでも何とか形になったので、とりあえず家を出た。

保育園に行くと、「あっ、ミユミユちゃんの赤ちゃんだ!見せて見せてぇ〜」とクラスの友だちがすごい勢いで集まってびっくり。
#まるで公園でエサを蒔いた時にどどーっと集まってくるハトのようでマジあせった(笑)
#それでも寝続けるハルリン…(笑)
ミユミユは「みゆちゃんのあかちゃん、みんなにみせてあげたかったんだよねぇ〜」とご満悦である。

ハルリンは結局、家に帰ってからも寝続け、起きたのは昼過ぎだった。
せっかく初めての外出だったのに、ひとつも景色を見なかったねえ。

そうそう、「ベビースリング」についてはまた別の機会に書きたいと思います。
posted by ぷにた at 23:36 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の飲みっぷり

いや、私の酒の量ではなく(笑)
ハルリンのミルク&おっぱいの飲みっぷりについて。

あいかわらずおっぱいはショボショボなので(笑)、ミルクと混合で与えている。
経済的、そして哺乳瓶を消毒しなきゃならない手間などを考えると、完全母乳はやはり夢。以前掲載した母乳参考サイトによると、母乳が出るようにするには「泣いたらおっぱいを与える『頻回授乳』が基本」となっているけれど、9歳と4歳のヒナ鳥(いやいや子ブタか?(爆))たちが

「エサくれー」

と、ピーチクパーチク口を開けて待っている状態で(笑)ハルリンだけに構ってもいられないので、まあ混合もしかたないか、と割り切って考えるようになった。

というわけで、今日の飲みっぷり。
【7:30 - おっぱい&ミルク70ml】
昨日夜10時すぎにおっぱい&ミルク70mlを飲んでから、朝7時までぐっすり。
私もついぐっすり…で朝起きたらおっぱいがパンパンに張っていて大変なことに。慌てて授乳。

【12:45 - おっぱい&ミルク70ml】
朝の授乳から5時間あく。ミルクをもうちょっと減らしても大丈夫かな?

【17:00 - おっぱい&ミルク70ml】
右のおっぱい授乳時に激痛。見れば血が出ているので(ぞぉ〜っ(汗))、右側の授乳中止。もの足りないのか、機嫌が少々悪い。

結局その後もずーっとぐずりまくり、そのたびにおっぱい(左のみ)をくわえさせる。
ミルク50ml追加。たびたびおっぱい。
21時頃、ようやく眠る。

もうすぐ日が変わろうとしてますが、その後は全然起きません(爆)。結局1日4回の授乳か…。「1日に8回は授乳」なんて夢のまた夢ざんすね(T^T)。

「飲みっぷり」、こう書き出してみるとちゃんと把握できていいかも。またやろう(笑)
posted by ぷにた at 23:20 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月06日

ついに床上げ

ようやく産後3週目。いわゆる「床上げ」というヤツ。
久々、ミユミユを連れて保育園に登園した。

#ハルリンはアユボンにまかせてお留守番である。
#アユボンからはPHSに「ハルちゃん泣いてるよー」と何度か電話があったが(汗)

いやー久々のシャバ(笑)。あまりの寒さにクラクラする。
前回外出したのは出産前日(12/15)だったから、いつのまにか街はX'masも正月も終わって、すっかり浦島太郎の気分である(笑)。

a0034423_16305447.jpg
家に帰ってからは、アユボンの冬休みの宿題、「書初め」に付き合う。
学校で習字のある日は身体中墨汁だらけにして帰ってくるアユボンだが、その理由がわかった気がする。
半紙に向かって斜に構え、落書きのように書きなぐる。とめ・はねなどお構いなし。これでは上手に書けるわけないし、まわり中汚れるわけだ。
「半紙にまっすぐ向かう!墨汁は書くたびつける!筆の先は整えて!」といちいち指導(か?(笑))しながら書かせる。そのたび「はい…」としょぼくれながら書くアユボン。
#ちょっときつく言うとすぐしょぼくれちゃうのだ。ヘタレよのう…(ーー;)

できは写真のとおり。うーん。本人曰く、「後日もっかい書き直す!」そうだが、果たしていかに…。
posted by ぷにた at 20:21 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月29日

自宅出産ブーム?

昨日で保育園も終わり。

アユボンが江戸川区の公立保育園に通い、ちょうどミユミユが生まれた頃は、「できるだけアユボンくんとおうちで一緒に過ごされてはいかがですか?」などと「年末年始は保育園を休め休め」と暗に言われてたのに、今の江東区の公立保育園ではそんなことも全く言われず、ミユミユは最終日までフルに通うことができたわけで、この違いは一体何?という感じである。

それはともかく、お迎えを毎日やってくれた妹によれば、弟・ハルリンの誕生に立ち会ったミユミユは保育園の同じクラスの女の子たちに「弟はこうして生まれたよ講座」をぶちかましていたらしい(笑)。
#私も聞きたかったなあ(笑)

そのおかげか、「わたしもおかあさんになったらおうちであかちゃんをうむ!」という女の子が続出しているそうだ(笑)。ホントかどうか(笑)。
posted by ぷにた at 20:57 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月28日

母乳育児関連のサイト

母乳育児について参考になるサイト。
#備忘録ざんす。

◆魔法のおっぱい
http://plaza.rakuten.co.jp/yokubarimama/

◆新米ママのおっぱい入門
http://sakichi.com/

◆桶谷式乳房管理法研鑚会(すごい名前の会だ(^^;))
http://oketani.smile.tc/

◆ビバマンマ
(木場にあるおっぱいマッサージ相談所:実はミユミユ出産後お世話になったことがある)
http://www5f.biglobe.ne.jp/~vivamanma/index.html
#「山西系」だそうですが「桶谷式」とどう違うのやら?

posted by ぷにた at 23:41 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

産後12日検診(中途半端(笑))

何故か産後12日検診(笑)。

何でこんなに中途半端か、というと、石村先生が産後5日まで毎日検診に来てくださっていた訳だが、その1週間後に再び検診しましょう、ということになっていたからである。

産後12日の次男坊・「ハルリン」(仮ハンドルネーム)はミユミユ→私とうつった風邪にかかってしまったようで、痰がからんだような咳を時々している。新生児は風邪から肺炎を引き起こす可能性が高いらしく、風邪は要注意らしい。聴診器で胸の音を聞いてみると、呼吸に若干雑音が聞こえるようだが、一応それほど心配な状況ではなさそうで、とりあえずほっとする。
でも油断は禁物。念のため、再び「玉ねぎスライス」を枕もとに置かれる。強烈なニオイに目がしみるのか、ベッドでもだえるハルリン(笑)。

20041228.jpg

体重は3400g。生まれた時よりまだ軽いぞー。計算してみると、この1週間で1日あたり5gしか増えてない。「咳も出るし、本調子じゃないんでしょう」と先生。うーん、あんまりミルクもおっぱいも欲しがらないで寝てばっかりいるしなー。

続いておっぱいマッサージ。自分なりに一所懸命頑張ったおかげか、「こんな頑固なおっぱい云々…」と言われた時よりははるかにいい状態になってるようだ。でもあんまり出てる気がしないのだがー(T^T)。
「赤ちゃん、咳もしているし。細々と出てる方が窒息の危険もないし(笑)。このまま母乳で頑張ってみたら?」と先生のアドバイス。
押忍っ、頑張ります。
posted by ぷにた at 22:18 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月24日

名前が決まりました

やっと名前が決まって、今日亭主が出生届を役所に出してきました。

haru.jpg

はると

です。

出産当日はとってもいい天気で、陣痛で苦しみながらも自宅の窓から見えた空はとても晴れ晴れとしていたから。ま、そーいった理由です。

名前については、子どもらも候補を挙げていてくれて、アユボンは
 『ひかる』 … 「ヒカルの碁」の影響?
 『はやと』 … 本人いわく「早くなりそうだから」(笑)
以前の「『アラゴルン』がいい」とかいう訳分からないのよりは、全然マシにはなったけども。
(一家で「ロード・オブ・ザ・リング」ごっこでもしようと思ってたのやら(笑))

ミユミユは当初は「モモちゃん」一筋だったが、その後男の子の可能性が大になった時点から
 『しゅん』  … 由来はまったくわからず?
 『けんすけ』 … これも由来はまったくわからず。
           私的には「けんすけ」というと、どーしても「佐々木」なんだが(笑)
どこからそんな名前を思いつくのか全然分からないのだが、4歳にしてはかなりマトモな名前を考えてくれたように思う。

2人が帰ってきてから「赤ちゃんの名前決まったよー、『はると』くんだよ」と言うと、「へー、『はると』くんかあ」と2人ともあっさり受け入れてくれた様子。早速「はるとくーん、名前決まってよかったねー」と赤ちゃんに話しかけていた。

名前が決まるまでの8日間、「あかぼーん」とか「ぼくちーん」とか話しかけてたので(笑)、ついその呼び名で呼んでしまうと、すかさずミユミユから「違うでしょ!はるくんでしょ!」と厳しいチェックが入る始末。すんなり「はるとくん」と名前が出てくるまでは少々時間がかかりそうだ(笑)。

さてさて、この次男坊のハンドルネームはどうしようかな?
「ハルリン」「ハルボン」「ハルチン」…
まあ、これはまたおいおい。
posted by ぷにた at 22:19 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月21日

出産5日目

今日も朝からヘルパーさんが来てくれた。
ミユミユは今日保育園のクリスマス会だというので、普段は保育園にはいていけないお気に入りのジャンパースカートをはいてウキウキである。
「クリスマスかいにおくれたらたいへんだ!」とヘルパーさんと一緒に急いででかけていった。

その後は前日と一緒。
ただ洗濯物が少なかったので、1時間半で作業終了。1時間半分のチケットをお渡しして、ヘルパーさんは帰っていった。

妹のお迎えも前日と一緒。
ミユミユが「サンタさんにカルタもらったよ〜!」と大喜びで帰ってきた。保育園にサンタさんが来てくれたらしい。
「でもほんとのクリスマスには、サンタさんに『プリティコミューン』もらうんだぁ〜」

…あらあら、しっかりしてますわ(笑)。

そうそう、出産当日から毎日訪問してくれていた石村先生だが、この日でひとまず訪問は終了。赤ちゃんをお風呂に入れてもらったり、おっぱいマッサージしてもらったりいたせりつくせりだったのだが、明日からは赤ちゃんのことは私ひとりでやっていかねばならない。
「明日からは先生の顔を見られなくなると思うと、さびしいですねえ、はっはっは」と笑いあう。正直、不安も入りまじったホンネでもあるんだけどもね。
posted by ぷにた at 22:32 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月20日

出産4日目

今日から、午前中だけヘルパーさんが来てくれることになっている。

朝9時に来てもらい、まずミユミユを連れて保育園へ。
その後、干してあった洗濯物を取り込んだりたたんだり、新たな洗濯物を干してもらったり。今日は月曜日とあって、汚れた衣服がどっちゃり。全て洗ってもらった。
あとは、リビングの掃除、台所の片付けなど。
私はその間、寝室でゆっくり身体を休めたり、授乳したり。

2時間たって寝室から出てみると、おおきれいになっている!2時間分の料金を、あらかじめ購入しておいたチケットで支払う。
アユボン(小学校)もミユミユ(保育園)もいないし、赤ちゃんと2人きりの家の中は静かで良い!2000円で山のような洗濯物、きれいなリビング(決して家の中全体ではない(^^;))、そしてこの静けさを得られるのなら安いものであろう。

ミユミユのお迎えは妹にお願いした。
ミユミユも久々の保育園でたっぷり遊んできたようだ。
posted by ぷにた at 22:17 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月19日

出産3日目

思えば出産した日から全然外出してなかったミユミユ。
ずーっと家の中にいてストレスも頂点に達していたようなので、亭主と一緒に昼前からお散歩。公園で遊んで、ストレスを発散してきたようだ。良かったね!
アユボンは今日も野球で、昼頃帰ってきた後亭主たちと一緒に出かけていった。

家の中は赤ちゃんと私だけ。静かな家の中で、のんびりさせてもらった。

石村先生は夜いらっしゃった。
赤ちゃんの黄疸値がちょっと高めなので、今日は沐浴はお休み。
「黄疸が強いので身体がだるくてミルクも飲まないのよ。水分不足が一番良くないから、つっついてでも起こして飲ませてね」と言われ、こまめに飲ませるようにする。「よく寝る子だなー」と思ってたら、そういうわけだったのか。スマヌ、息子よ。

ところで、まだ名前が決まってないわが息子。さて、どうしよう…

posted by ぷにた at 23:46 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月18日

出産2日目

赤ちゃんはまだミルクは飲まず、糖水ばかり飲んでいる。
水分をたっぷり取る、お日様にあてる、体温保持をしないと黄疸がひどくなって危険だからだそうだ。ところが、まだ生まれてすぐは飲み方がヘタっぴで、哺乳瓶からうまく糖水が飲めなかった。今日になって、ようやく飲み方のコツを覚えてきたようだ。
#病院では、きっと夜中預かってもらってる間に上手な看護婦さんにコツを仕込んで
#もらってるんだろうなーと妙に納得。
昨日3340gと生まれた時より180gも減ってしまった体重も、今日は3460gと復調傾向にある。

アユボンは朝から野球の練習、亭主も出勤。またもやミユミユと赤ちゃんと私の3人だけの生活になる(^^;)。前日と同じような生活パターンである。

昼過ぎにアユボン、野球の練習から帰宅。
14時過ぎにはおばあちゃんも来てくれた。父が亡くなって半月たち、3人目の孫の顔を見ては「おじいちゃんにも見せたかったねえ…おじいちゃんの生まれ変わりだからね、この子は…」とつぶやいている。「複雑な心境だ」とも。
私がつい、ほいほい動いていると「寝てろ」と言う。ありがたくそうさせてもらいます。

夕方、石村先生がいらっしゃった。
赤ちゃんや私の様子、赤ちゃんの沐浴、おっぱいマッサージなどしてもらう。
おっぱいは1人目、2人目ともにほとんど出なかったこともあって、念入りにマッサージしてもらうものの、滲むほどしか出てこず「あらーこのおっぱいは頑固だわ。こんなに頑固なおっぱいは2人目よ」と誉められてしまった(汗)。「自然なお産だったんだし、普通は簡単にでるもんなんだけどね」
「それでも1人目の人は根気よくマッサージしたり、たんぽぽコーヒー飲みまくって4ヶ月で完全母乳になったからねえ。頑張ってね」
…うーん4ヶ月ですか…。
ちなみに、「たまねぎのみじん切り」は新品に換えられ、あいかわらずスゴいニオイを放ちながらベビーベッドに鎮座ましましている(笑)。
沐浴後は、赤ちゃん初めてのミルク体験。ぎゅっぱぎゅっぱとあっという間に50ml完飲。

おばあちゃんにみんなの晩御飯を作ってもらい、おばあちゃんが帰った後はひたすら私はおっぱいマッサージ。ミユミユも応援してくれる。(アユボンはおばあちゃん帰宅後、すぐにバタンキュー)
その間に亭主が帰宅。おっぱいにおわんをかぶせてぐーるぐると回している私の姿を見て、ちょっとびっくりしていたようだ(笑)。

posted by ぷにた at 23:52 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月17日

出産翌日

初めての夜は、1時間おきに泣かれる。
そのたびに、ミユミユが「おかあさん、あかちゃんないてるよ、おきて」と起こしてくれる。
ちょっとでもほっておくと、「おかあさん、あかちゃんないてるのに、なんでおきてくれないの…」とさめざめと枕元で泣きだす始末。すまん、起きるから泣くなよ〜。
しかし、さすがのミユミユも音を上げたのか、明け方4時過ぎには赤ちゃんが泣いても微動だにしなくなった。

亭主はこの時期やたらと忙しいので、朝から出勤。
アユボンも今日は学校に登校。
ミユミユは保育園に送り迎えしてくれる人がいないので、今日もお休みだ。
(数日前から「のどがいたぁ〜い」と言っていたが、咳が本格的にでてきたし)

朝から石村先生が様子を見に来てくれた。
3人目だというのに、出産の時に会陰が切れてしまい(時間が初産婦並みにかかるわ、ホント、ヘタクソな経産婦である(笑))、傷を温灸で温めてくれる。

朝昼と冷蔵庫にあるもので簡単にご飯をすませ、赤ちゃんと寝てばかりな生活。
今日はおばあちゃんも用事があって来てくれず、しかも咳がひどいこともあって接近禁止令がでてしまったミユミユは当然退屈である。仕方がないのでビデオを見たりゲームをしたり。昼過ぎになって帰ってきたアユボンとはケンカばかりしている。
#そりゃストレスもたまるわなー

夕方、再び石村先生がやってくる。
赤ちゃんを沐浴させてくれ、「風邪菌にはたまねぎのみじん切りがいいのよ」と赤ちゃんの枕元には「たまねぎのみじん切り」がどーんと鎮座ましましている。
#おかげで部屋中たまねぎの強烈なニオイが充満している(涙)

晩御飯はありあわせ野菜の煮物で簡単に。
亭主も、帰りがけに買い物をして早めに(と言っても21時半…早くはないわなあ)帰ってきてくれた。

アユボンは22時頃就寝。ミユミユは赤ちゃんが気になってなかなか寝ようとしないので、亭主が引きずるように寝室へ。私と赤ちゃんは、ミユミユの咳がひどいので2人リビングに布団を引いて寝ることにした。

P.S.
ところで、皆様からお祝いのコメント、メール、等々いっぱいいただきまして大変嬉しく思っております。すみませんが、個別にお返事することが難しいため、この場をお借りして皆様に御礼申し上げます。m(_ _)m
posted by ぷにた at 21:46 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月16日

産まれました〜

昼14時すぎ、自宅にて産まれました!

3,520gとぷにた家らしい、ビッグな男の子でした。
いや〜しんどかった。助産婦さんには「初産婦さんみたいなお産の進み方ね」と言われるし(笑)。お産の進み方がかなり遅くて、ホントしんどかったです。

アユボンもミユミユも亭主もお産に立ち会いましたが、子どもたちはホントにいとおしそうに新入りの家族をかわいがってくれています。

詳しい話はまた別途。
まずは無事に産まれましたのご報告まで。
posted by ぷにた at 19:17 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いよいよかも

現在、16日5時半。

結局、石村先生にも3時ごろ来てもらいました。
陣痛もかなり本格的になってきて、これはいよいよ、かもしれません。

がんばりまっす。
posted by ぷにた at 05:24 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おしるしが来た

現在、16日2時。

また陣痛らしきものが度々来て、なにやら「ぽむ」(音は聞こえなかったが)という感じがお腹からしたのでトイレに駆け込んだら、…どーやら「おしるし」が来たようです。
陣痛の波とともに、水みたいなものが出てくる感じも…。
もしや、おしるしではなくて破水かも!?

というわけで、もうちょっと様子をみて、これは??という感じになってきたら石村先生を呼びます。いよいよかなあ?
posted by ぷにた at 02:01 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月15日

妊婦検診(10ヶ月:39週)

ついに予定日まであと2日。しかし出産の兆候は全くなし。
朝から「せきがでるぅ〜おともだちやせんせいにかぜがうつっちゃうから〜」と、保育園を休んだミユミユと39週の妊婦検診を受けに、石村先生の助産所へ。
#ワシにうつるのはいいんかい(怒)

尿検査、体重、血圧ともに正常値。むくみもなし。心音も正常。
お腹は確実に下がっているのだが、よほどお腹の中は居心地がいいのか、出てくる気配はまだまだなさそうだ。
アタマの直径はついに9.3cm、子宮口は全開で10cmなのだからかなり苦労しそう。
大腿骨から計算した予想体重は3,500g超。また増えとるやんけ!!

「42週に入ったら、強制的に病院送りだからねー!」と石村先生から宣告。予定日がジャスト40週だから、病院送りになるまでにあと2週間ほどしかない。何せ、ミユミユの時は9日遅れたという前科もあるし、ううう、あせる〜。

とりあえず、来週月曜日に石村先生のところでNST(ノンストレステスト)、火曜日に嘱託医の佐々木先生のところで検診を受けることになった。
「とにかくたくさん歩いてね!両国(佐々木先生の病院がある)まで歩いてみたら(笑)?」

石村先生によれば、お台場に住んでいる妊婦さんは、29階建てのマンションの階段を3往復して陣痛をつけたらしい。凄い根性である。ウチのマンションは14階建てだから、6往復するということか。はああ〜

帰りは「バスにのりたい〜」と渋るミユミユをひきずり、歩いて帰ったことは言うまでもない(笑)。
posted by ぷにた at 23:24 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月13日

家事サービスの方と面談

あいかわらず寝起きの悪いミユミユ(4歳)。
朝9時になっても起きてこないので「おーい保育園行くのか休むのか?」と聞くと、「やすむぅー」と布団の中から一言。将来が非常に不安だ。

今日は、産後の家事をお手伝いいただこうと、石村先生に紹介してもらった「NPO法人・くらしの助け合いの会」のコーディネーターの方と面談。「思い切って家事の外注するとラクよ〜」という話はよく聞くが、実際に利用するのは初めてなので緊張する。

コーディネーターさんとの話し合いの結果、午前中に来てもらい、ミユミユを保育園に送ってもらうのと、洗濯・掃除など2時間ばかりお願いすることにした。何しろ洗濯物の量はハンパでないので、やってもらえると助かるんだなあ〜。

産後すぐからやってもらうことにしたのだが、何しろいつ第3子が腹の中からでてくるやら見当もつかないので(笑)、とりあえず今週末ぐらいからメンバーの方にスタンバってもらうことに。こんなところまでご迷惑をおかけしているのだぞ、我が子よ(笑)。

posted by ぷにた at 18:16 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月08日

妊婦検診(10ヶ月:38週)

結局、検診がある今日まで陣痛はこず、無事に石村先生のところに検診に行くことができた。

尿検査、血圧ともに正常。むくみもなし。
その後超音波で赤ちゃんを見る。
頭はますます大きくなり(汗)、41週相当とのこと。推定体重は3200gちょい、と以前の予想よりも若干減った。なんかちょっとほっとしたような(笑)。

11月16日に佐々木先生(嘱託の産婦人科の先生)のところで内診を受けた時には、子宮口が1.5cm開いていたそうだが、今日の検診での様子を見る限りではお産までの道のりはまだまだ長そうだ。トホホ。

帰りはイースト21に寄り、むしょうにトンカツが食べたくなったので(笑)、ひとりトンカツ屋で遅めの昼ごはんを食した。
posted by ぷにた at 23:55 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月07日

まだみたいだす(^^;)

明け方ちょっと苦しみましたが、ひと寝入りしたらさっぱり消えてました(笑)。
「前駆陣痛」ってやつだったみたいです。
父の葬儀が終わるまではそういった兆候は全くなく(「まだ出てくるな〜まだ出てくるな〜」と毎日念じていたし(笑))、それも無事終わったので精神的にほっとしたのかも。

今日は一日家におり、片付け作業に明け暮れる。読んでない新聞がたくさんたまってしまって、読みながらすっかり「浦島太郎状態」だったことに気づく。
5日はラグビーの早明戦もあったんだなぁ。父は早稲田、私(&亭主)は明治で、よくTVの前で応援合戦してたっけか。今年も早稲田の圧勝で、きっと父も喜んでいるだろう。
#それにしても最近の明治、弱すぎ…(号泣)。

明日午後は、石村先生のところに検診に行く予定。
posted by ぷにた at 16:26 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これは陣痛?

現在、12月7日の明け方。

生理痛の強いのが時々起こっている。お腹がきゅーっとなる感じ。がまんできないほどではないが、といって寝れる程ラクな状態でもない。

いよいよかな?

痛みが規則的に来ている、と言える状態でもないので、もうちょっと様子を見てみようっと。
posted by ぷにた at 04:27 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月06日

今さら赤ちゃんの肌着を買いにいく

父の葬儀も終わり、今日からアユボンは小学校、ミユミユは保育園へ通常通り登校・登園。

あとは第3子の出産を待つばかりとなり、家の中をひっかきまわしてアユミユ兄妹が使った2wayオールやら肌着を探す。

…が、ない!

ミユミユ出産後、「子どもはもう2人で打ち止め!」とばかりに全部捨ててしまったらしい(笑)。仕方がないので、徒歩10分ほどのスーパーに買いに行くことにした。予定日まであと11日だというのに、のんびりしたかあちゃんである(笑)。
とりあえず50cmと60cmの短肌着を2枚ずつ、コンビ肌着を2枚、2wayオールを3枚購入。

その後実家に立ち寄り、母の様子を見に行く。
私よりも実家の近くに住んでいる妹がすでに来ていて、父の持ち物整理をしてくれていた。今後も毎日通ってくれるようで、私がこんな状態でもあるしとても助かる。

実家にも何と2wayオールが3枚もあり(実はミユミユ出産後も、私の妹のために母が綺麗なものだけとっておいてくれたようである)、それもちゃっかりいただくことにする(スマヌ、妹(笑))。これで何とかなりそうだ。

ミユミユのお迎えがあるので、父の遺影にお別れした後帰宅した。
posted by ぷにた at 22:30 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月03日

今日はまったり…

今日は何の予定もないので、とりあえず家でまったりとする。
こんなにのんびりできるのは、父が緊急入院して以来かもしれない。

アユボンは今日から通学。
#今日が「ランニング大会」だったことをすっかり失念!大丈夫だったろうか?

寝ぼすけ・ミユミユは「今日も保育園休むぅ〜」というので、無理はせず休ませることにした。
#明日のお遊戯会はぶっつけ本番である(汗)
#「ぐりとぐら」の「ぐり」(をを、主役ではないか!?)をやるらしいが大丈夫だろうか?

お腹が時々きゅ〜っと張るようになってきた。お腹の赤子は相変わらず元気である。
無理はせず、でもたまった洗濯物を片付けねば…
#到底自宅出産できるような状態にない我が家(笑)

ベビーベッドやベビーカーも届き、紙オムツ、ミルクなど徐々に赤ちゃんを迎える準備も一応は整ってきた。

posted by ぷにた at 12:38 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月01日

NST(ノンストレステスト)

実家に行く前に、石村先生のところでNST(ノンストレステスト)を実施。

NST…non-stress test
胎児に負担をかけない(ストレスを与えない)検査法ということで、この検査のことをノンストレステストという。1時間くらい時間をかけて、児心拍数の変動と子宮収縮を記録し、お腹の中の胎児が元気であるかどうかを判定するために行う検査。

posted by ぷにた at 23:30 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月28日

妊婦検診(10ヶ月・37週)

父の病院に見舞う前に、妊婦検診。

尿検査マイナス。血圧も正常。特に問題もなさそう。
ではお楽しみ、超音波で赤ちゃんとご対面。

頭の大きさは何と40週相当。
大腿骨も同じぐらいで、推定体重は3300g。すでにアユボン@出産時の体重を超えている。
「うーん、赤ちゃんが育ちやすいお腹なのねえ」
「これはやっぱり早くでてきてもらわないとね」
…はい。たくさん歩くことにします(笑)。

アユボン「ねえ、ち○こは?」
ミユミユ「赤ちゃん、ち○こある?」
…君たち、ストレートに物を聞きすぎ(苦笑)。

子どもらにせかされて先生が見てくれたが、「うーん、これはやっぱり男の子だと思うのよね」と指した先には*ぽっこり*としたまんまるいブツが…。
しかもその先にちょこっとしたでっぱり。「これはぺ○スだと思うし…」
むうー、やっぱり男の子である確率はかなり高そうだ。

今回やるはずだったNST(ノンストレステスト:1時間赤ちゃんの心音をチェックする)は、これから父の見舞いに行くこともあって別の日に変えてもらった。
posted by ぷにた at 22:51 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月02日

興福寺国宝展

明日までなので、意地で(笑)行ってきた。
さすがに明日で終了ですからのー。結構混んでいた。

a0034423_35975.jpg

昔、歴史の教科書で見た仏像が間近で見られるというのは、ホント感動。興福寺行ったところでそうそう見られるシロモノ(って言ったら失礼か(笑))でもないし。
無著像なんて間近で見てもう泣けてきた(笑)。表情が何ともいい。悟りきって遠くを見ているような視線が何ともたまらない。
今まで知らなかったのだが、無著は老年、ペア(というか兄弟)の世親は壮年の姿だとか。その辺も表情や仕草に表れているあたり凄い。さすがは運慶。
#ちなみに運慶・作ではなくて、運慶の指導の下、一門の
#仏師が作成したらしい

じっくり2時間弱かけて見た後は、上野精養軒へ行って《定番》のハヤシライスを食す。
値段は1300円ナリ。ご飯も少ないなーと思ったけど(アユボンだったら絶対に足りん(笑))、でもお肉も結構入っているし、美味。1300円なら納得かも。

お腹いっぱいになった後は、上野公園を抜けて上野駅から地下鉄に乗り、実家へちょこっと顔を出したあと、ミユミユのお迎えとなった。
posted by ぷにた at 22:57 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月01日

産休初日、妊婦検診

今日からついに産休突入。
久々のんびりとした平日の朝を迎えることができた。

アユボンは8時前に家を出て、小学校へ。早々に「ミユミユ、今日は休みま〜す」と保育園に連絡を入れ、ソファーでうたたね。
#幸せ〜♪
ミユミユは布団でまだ寝ている。

はっと気づくと9時。10時から石村先生のところに検診に行くことになっていたので、慌てて飛び起きる。気づいたらミユミユは起きてTVを見ている。朝ごはんを食べ、仕度をしてミユミユと検診に出かけた。

本日、9ヶ月(33週3日)である。尿検査、血圧ともに正常。その後、お楽しみの超音波で赤ちゃんの様子を見る。相変わらずアタマはでかいようだ。34週相当だとのこと。
その後背骨、足を見る。
「あらあこの子、足長いねえ〜」と石村先生。「『39週相当』って出てるわよ」
…はああ?そんなバカな!?
「体重も…もう2570gぐらいあるって」
ええっ、まだ9ヶ月に入ったばかりでそんなにあるんすか?もう立派に満期産相当ではないか。
「確か2人とも大きかったのよねぇ」
「1人目は3200、2人目は3600ですから…。まだあと1ヶ月半ありますもんね、あと1kgは増えますよね。4kgがいよいよ現実的になってきましたねえ(笑)」
「早めに出てきてもらったほうがいいかもしれない。とにかく動いてね!床拭いたりして(笑)」

ミユミユの出産(3634g)も確かにかなり苦労したので、さすがにあんな苦労はしたくない。今後は家の床をピカピカに磨くことにした(笑)。

それから心音確認。ミユミユは助産所のスタッフの方にずーっと遊んでもらっている。最中やチョコをごちそうになってすっかりくつろいでいる。
次回は産婦人科医の佐々木先生のところでの検診だ。予約を入れてもらいおいとまする。

私もミユミユもずいぶんと髪の毛がのびてしまったので、門仲にある行きつけの美容院へ。ミユミユは、ここの美容院のオープンカーの椅子がいたくお気に入りなのであった。
私も恐らく出産前の最後の散髪になるだろうから、ばっさりと切ってもらう。
散髪後はファミレスで昼食を食べ、公園、本屋に寄ってから帰宅。一息ついているところへアユボンも帰宅。
私とミユミユがいることにびっくりして「あれ?もう帰ってるの?…あ、そうか、会社お休みなんだっけね」というとGBA(ゲームボーイアドバンス)を持って「じゃあ友だちと遊んでくるねー」とすぐに飛び出していった。

産休前にたまった洗濯物やら散らかった書類やらを少しばかり(笑)片付け、ミユミユとまったり過ごす。ああ、いいなあ〜、こんな生活。これから毎日味わえるかと思うと、幸せな気分である(^^)。
posted by ぷにた at 20:41 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月29日

さて、出社最終日!

ようやくこの日にこぎつけました。産休前最後の出社日。
頑張って行ってきまーす。
posted by ぷにた at 08:33 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月22日

産休まであと10日

産休まであと10日ばかりとなった。
#会社に行くのはあと5日である

産休に入ったら、行きたいところが山のようにあって困っている。
身体が動くうちに、行けるところは全部行きたいと思っている。

●ディズニーランド(アユボン・ミユミユのリクエスト)
11月には休校日が1日だけあるので、その日に行こうと思っている。スポンサーファミリーチケット(通常より格段に安い)も産休前にしっかり購入(^^)。

●プラネタリウム(ミユミユのリクエスト)
保育園の年長組さんが行ったらしく、ミユミユがその話を聞いて「お星さまがいーっぱいいーっぱい見えるんだよねえ?」とものすごく行きたがっている。私もサンシャインで再開されたというコニカ・ミノルタ製のものすごいプラネタリウムとやらを見てみたいと思っていたので(元・天文班の血が騒ぐのだ(笑))、ミユミユと一緒に平日見に行く予定。
なお、アユボンは「ふぅ〜ん、興味ない」とのことだったので、そういう奴は連れていかない(笑)。

●人体の不思議展
献体を特殊な技術で標本にし、実際にさわれたりもする、という噂の展覧会。
胎児の標本もある?とかでちょっとニンプには刺激が強いかなぁ?と現在迷っているところ。実際にご覧になった方がいらしたら、ご感想を聞かせていただければ幸いです。アユボン・ミユミユは間違いなく怖がりそうなので行くとしたら私ひとりで行く予定。

●興福寺国宝展
意外や意外?仏像を見るのは結構好きだったりするのだ。
#かつて育休中、鑑真和上展も見に行ったこともある
#大学時代は一応日本史専攻だしσ(^^;)
ただ11月3日までなのがネック…1日か2日に見に行かねば。

●劇団四季「キャッツ」観劇
うら若き(笑)高3生の時に見に行って以来。久しぶりの上演に心躍らせる。ホントはミユミユとマチネーで見に行きたかったのだが…
#ミユミユ泣いちゃうかな?(笑)
油断してチケット取り損ねた(爆)。身二つになってからのお楽しみ。

●保育園見学ツアー
これは言わずもがな、ですね(笑)

●近くのランチ食べまくりツアー
近所のレストランのランチって意外と知らないんだなあ。

…身体が持つよか、金が持つのかが心配ではある(爆)。

posted by ぷにた at 15:46 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月21日

また台風かよ!

また台風来ましたねぇ。

昨日は帰りに直撃するかも、ということで、身重の身だし大事を取って会社休んでしまいました。でも夕方5時ぐらいなら、たいしたことはなかったですねえ。

で、今朝外見たら…昨日よりひどいことになってんじゃんよっ!(笑)
これなら昨日は出社して、今日は午前半休にすればよかったかも。
仕事もたまっちゃったので、今日は行かなきゃ…トホホ。
posted by ぷにた at 07:45 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月17日

妊婦検診 (8ヶ月:31週)

朝、石村先生から電話がかかってきて「そろそろ検診しましょうか〜」とのこと。
#毎度毎度、前もって検診の予定など入れてないのだ(笑)
なるべく早い方が良い、というので「じゃあ今日の夕方にしましょう」ということになった。

アユボンは今日も野球の練習、昼過ぎには試合があるので、帰りは14時過ぎ頃になりそう。ミユミユが「早くお外行きたいよぉ〜」と騒いでいるが、お兄ちゃんが帰ってこなきゃどこにもいけないし、後でお腹の赤ちゃん見に行こうね、ということでそれまでまったりと過ごす。

14時過ぎ、アユボン帰宅。支度をして石村先生のところへ向かう。
検尿(全てマイナス)、体重測定、血圧(98/50で全くの正常)、子宮底の測定などしたあと、皆様お待ちかね(笑)の超音波。
逆子はすっかり治り、モモちゃん(仮名)は頭を下にしている。
モモちゃん(仮名)の頭を測りながら先生、「あら?頭がずいぶん大きい子ねえ〜」と一言。現在31週だが、測定値は34週相当あるらしい(^^;)。
「産む時ちょっと時間がかかるかもしれないわねえ」とおっしゃる。
身体つきもずいぶんがっちりしていて、「全体的に大きい子かも」とのこと。
何しろアユボン3200g、ミユミユ3600gですからな!ハム1本分(400g)ずつ増えて(笑)4kg突入もあながち夢ではなくなってきたかもよ?!(^^;)

アユボンとミユミユは超音波を見ながら先生に「ねえ、おちんちんある〜?」ばっかり聞いてくる。もうちょっと控えんか、このガキんちょどもは!!それを受けて先生も超音波で一所懸命探してくれるが、やはり携帯用の超音波の機械、精度が病院のものより劣るらしくはっきりとは見えない。
「これっぽいような…でも『葉っぱ』のようにも見えるしねえ。んーわかんない!」とばっさり(笑)。
#『葉っぱ』のように見えると「オンナノコ」なんだよね

石村先生に、「どっちだと思う?」と聞かれ、アユボンはあいかわらず「おとうと!」なのだが、何とミユミユまでもが「おとうと!」と言い出した!自分から「おとうと」なんて言い出したのは初めてのことだろう。保育園の延長保育でお気に入りの「みーくん」のような弟が欲しいらしい。石村先生も、「こういうのはちっちゃい子の方が当たるのよ。インスピレーションが大人よりも強いから」とおっしゃる。ふーむ、ミユミユが「おとうと」と言い出したということは、やはり「オトコノコ」なのかな?

今日は「おちんちん」の件もあって、ずいぶん超音波を見せてもらった。
両手を口元に持っていったりする仕草も見られて、そのたび亭主は「か、かわいい…」と感動している(笑)。 

最後に、前回両国の病院で検査した血液検査の結果を教えてもらう。
9.9g/dlとかなりの貧血(正常値は11.0g/dl以上)だそうで、鉄剤服用は必須だ。
あとは特に異常なしである。
貧血の件だけ釘をさされて、石村先生の診察所をあとにした。
posted by ぷにた at 21:59 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月01日

都民の日

今週は、月曜日が「運動会の振り替え休日」、金曜日が「都民の日」で学校が休みである。学校が休みということは、「朝から学童」で「弁当がいる」ということ。

日曜(運動会)弁当、月曜弁当、火・水・木がなくて金曜弁当、である。まったく働く親泣かせだ。

アユボンの通う「風の子クラブ」では、月曜日に竹橋の「科学技術館」、今日は「上野動物園」に遠足に行ったらしい。
「科学技術館」は結構空いていて、いろいろと遊べたようだ。
「上野動物園」は当日入園無料ということで、かなり混んでいたらしい。
キタロー先生お勧めの穴場・ガイドツアーに参加したものの、迷子者続出で大変だったとのこと(笑)。

まあ楽しめたのなら良かったよね。
そういってもらえれば、お弁当作りも苦にはならないものだ(←ホントか?(笑))。

 
posted by ぷにた at 23:56 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月28日

運動会の後に…妊婦検診(8ヶ月:28週)

さてアユボンの2日がかりの運動会は、午前11時に終わった。

元々今日は石村先生が提携している産婦人科医の先生の検診が予定されていたので、「会社行く前に行けるかな?」と電話し無理やりスケジュールを入れてもらった。小学校を急いで出た後、両国までタクシーかっとばして向かう。

私の自宅出産のネックとなっているのは、
 「頚管ポリープ」
 「前置胎盤」
 「逆子」
である。特に、後者2つはクリアしていなければならない。

先生に超音波で診てもらうと、どうやら「逆子」は治っているようである。
「まだこのぐらいの週(28週)じゃお腹の中でぐるぐる回ってるからねえ。30週過ぎて逆子だとちょっと心配だけど」

続いて内診。
「頚管ポリープ」は跡形もなくなっているらしい。直径3センチもあるような巨大なヤツだったのに。「前置胎盤」も経膣プローブで調べたところ、どうやら治っているらしい。ありゃりゃ心配事がすっかりなくなっちゃったよ。これにはびっくり!
あとは血液検査だけして、病院を後にする。

午後からは会社。ぎりぎり間に合った。
posted by ぷにた at 21:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月16日

座席を譲ってもらう

WMなので、毎日電車には乗っている。
あとくされがないように、できるだけ優先席付近に行くようにしているのだが、それでもやはり知らん振りの人は多い。
#人が目の前に立つとあからさまに寝たフリするオヤジとか、腹立つ〜
まあ妊婦といっても具合が悪い訳ではないので、別にいいけどもさ。

一昨日、昨日とそれでも1度ずつ席を譲ってもらえた。
一昨日は若いおねえちゃん。昨日はおばちゃん。
やはり譲ってくれるのは女性が多い気がする。

世のオヤジはそんなに疲れてるのか?
朝9時半に出社できても、なのか?
19時頃、帰宅できても、なのか?

今朝、電車に乗ったらおじいちゃんが身体障害者手帳?のようなものを見せながら
優先席に悠々と座っていたサラリーマンに「すいません!!」と一喝して席を譲らせていた(笑)
さらに、優先席で携帯電話を使っていた同じくサラリーマンに
「私ゃペースメーカー入れてるんで!携帯は切って!」と一喝。

初めてペースメーカー使っている人を電車の中で見たけど。
それにしても、優先席なんだからさあ。少しは気ィ配りなよ。オヤジたち。

posted by ぷにた at 13:30 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月13日

妊婦検診(7ヶ月:26週)

今日は助産婦・石村先生のところへ妊婦検診の日。
アユボンの帰宅を待って、家族全員で出かける。

尿検査、むくみ、全てマイナス。血圧も正常。良い調子である。
腹回りなど測った後、お楽しみの超音波。

「あらら?逆子だねえ」

げげ、ホントだ、足が下にあるぞ。
アタマが右上の方にある。

「ねえ、おち○ち○見える〜?」とアユボン。
前回の検査でどうも「オトコノコらしい」と聞いて、自分も実際に見てみたいようだ。
#アユボンは前回検査は欠席している

横でミユミユは「モモちゃんは、『おち○ち○』なんてないよ!!」とブツブツ。
#ミユミユは「オンナノコ」と信じきっている

そこで、先生に見てもらうが、逆子になっているためにうまく見ることができない。

「う〜ん、これ...この*ぽっこり*してるやつだと思うんだけど。
今度佐々木先生(提携している産婦人科の先生)とこでちゃんと見てもらおうね」

その後胎盤の位置(以前よりは上に上がってそう)や、心臓が動いているのを見て、ドップラーで心音も確認して検診終了。
推定体重は約1kg。元気そうで何よりでした。

それにしても、頚管ポリープ、前置胎盤ときて今度は逆子…
まあこの時期の逆子はそれ程心配ないらしいが、「心的なストレスはダメよ、お母さんが心穏やかな状態でなきゃ」と先生に釘をさされる。

…アユボン、ミユミユ、お母さんを怒らせるなよ(笑)

posted by ぷにた at 15:50 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月22日

モモちゃん(仮名)、性別判明?

13時、助産婦・石村先生の検診を受けに行く。
アユボンは野球の合宿なので、亭主とミユミユが同伴だ。検尿、体重測定、ひととおり行ってから超音波で赤ちゃんの様子を見る。亭主やミユミユにしてみれば、久々の赤ちゃんとのご対面。「ほーら、これが頭」「これがおてて。握ったり開いたりしてるねぇ〜」石村先生に説明され、2人とも熱心に見ている。

心配の種だった前置胎盤も、少し上のほうにずれてるようで、とりあえず一安心。へその緒がしっかりしているようで、栄養が行き届いているのか妊娠週と比べて赤ちゃんの育ちがいいらしい(現在推定800gとのこと)。こりゃ、まさかの4kg大台に乗るかも!?(笑)
#ちなみにアユボン3210g、ミユミユ3634g、と400g増えての出産だったので、その計算でいけばありうるかも(^^;)

「性別は気にしないんだっけ?」と言われ、「でも分かるなら知りたいなあ」と答えると、お尻の方を見てくれた。

「あれ?見えちゃってるねぇ(笑)」
確かに足と足の間に、ぽっこりとしたモノが…(笑)
「男の子かもねぇ」

それを聞いたミユミユ、猛然と
「ミユちゃんは、『モモコちゃん』がいいのっ!」
ミユミユは妹がいいと言っていたからねぇ。ま、でも、ミユミユなら妹でも弟でもかわいがってくれそうだけど。

その後、ドップラーで心音確認。亭主は初めて聞く赤ちゃんの心音に感心していた。
「赤ちゃんの心音って、ずいぶん早いんですねぇ」

石村先生のところは、家族そろって検診、というのが基本的な方針である。普通、産婦人科の検診は母親だけが行くことが多いが、父親が自分の子どもがこうしてスクスク育っている様子を見ないのは何とももったいない話だ、と思う。

夕方、アユボンが合宿から帰宅。
「今日ね、赤ちゃん見てきたよ」と言うと、自分だけ見られずちょっと悔しそう。
「もしかしたら、赤ちゃん弟みたいよ」
アユボン、ガッツポーズ。アユボンは弟を欲しがっていたから。それを聞いていたそばにいたミユミユ、「ミユちゃんは妹がよかったのにっ!」とおかんむり。

弟妹バトルはしばらく収まりそうにない。
posted by ぷにた at 23:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月06日

忙しい1日

昨日は起きたら8時。やべー、アユボンの弁当もあるのにご飯も炊いてないよっ!電子レンジで10分程度で炊けるという容器を引っ張り出してきて急いで炊く。ご飯を食べさせ着替えさせ、弁当を何とか詰め込み仕度完了。学校のプールがあるので、8時35分に元気に出て行った。

それから急いで自分の仕度。ミユミユは今日具合が悪くて会社を休むことになった亭主に仕度を手伝ってもらう。いつもどおり、9時に家を出る。
朝からものすごいドタバタだったが、何とかなっちゃうもんだねっ!

出社してみると今度はこちらでトラブル発生。ユーザーさんから連絡があり、毎日更新されるはずのデータがここ数週間全然更新されていないという。当方が作ったシステムは、そのデータを取り込むだけの機能しか持っていないのでウチだけでなんとかできるものでもない。
そこで、原因と思われる各システムの担当者に連絡して調査依頼をお願いしようと電話してみたのだが、なぜかことごとく申し合わせたかのように

本日お休み!

ひょえー(T^T)。

いずれも、「多少はわかる」ぐらいの人に頼み込んで原因の究明をお願いして、結局原因が分かったのが夕方。トラブル対応に追われた一日だった。

ま、最近まったりした仕事しかなかったので、こういうスリリングな日もたまには刺激になっていいのかも。
あー疲れた。
posted by ぷにた at 00:52 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:自宅出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。