2009年11月26日

【緊急アピール】保育所にかかわる国基準の堅持・向上を!

*緊急アピール終了しました!*
*ご協力いただいた皆様、どうもありがとうございました!*


オフの中でも「保育Topics」として説明させていただきましたが、保育園の「国基準(最低基準)」を撤廃する、という動きが現在地方分権改革推進委員会を中心に進められています。
これに対する厚生労働省としての方針が、11/4発表になりました。東京などの大都市において、面積基準の緩和を認める、というもののようです。


「最低基準」では、面積基準は
 2歳未満児:子ども一人あたり1.65u(乳児室)
        または 3.3u(ほふく室)以上
 2歳児以上:子ども一人あたり1.98u以上

となっていますが、この「最低基準」は戦後直後に定められた文字通り「最低基準」であり、しかもこれにはロッカーや机、椅子、保育士さんの存在は含まれていませんので、実際は数値よりももっと少ないスペースしか子どもたちに与えられていないことになります。

11/4の「ズームインSuper」を見ていたら、辛坊治郎さんが「土地のたくさんある田舎と、都会の保育園の面積基準が同じであること自体ナンセンス」というような発言をしてましたが、決してそんな贅沢な面積基準ではないのですよ…。


単に厚生労働省としての方針を発表しただけなので、決定ではなく、政府内ではまだまだ議論が続いていくようですが、保育園利用者としては子どもたちのために何もしない訳にはいかん!
…という訳で、ぷにたも参加させてもらっている「保育園を考える親の会」が緊急アピールを発表しました。

こちらの緊急アピールを読んで、賛同できる!という方は、こちらのフォームからご賛同いただければ幸いです。

そもそも、この「最低基準」には、次のようにも書かれているのですよ…

厚生労働大臣は、最低基準を常に向上させるように努めるものとする。

…逆に後退させてどーすんのよ、長妻ちゃん!



にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ


にほんブログ村
他にも保育園ととりまく困った動きがありますねえ(とほほ)。それはまたいずれ。そんなプニタに愛のワンクリックを。
posted by ぷにた at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | ★WM:保育園・学童のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その通りです!
児童福祉法に基づいた基準であり、なおかつこの基準は海外と比べても最低レベル・・・

賛同フォームいれさせていただきます。
父母として、自分の子供の環境を、そして将来の孫の環境を守るために出来ることはやっていなかなければですね!
Posted by なりだい at 2009年11月06日 13:23
賛同します!!
基準、あげるべき。
土地がないなら、確保すべき。
そのために税金が使われるなら
こんなに嬉しいことはないのでは。

本当にないか、できないか、
もっともっと考えて欲しい。

乳幼児を持つ、保護者は真剣に悩み、訴え考えているのだから。
Posted by mikaty at 2009年11月11日 00:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。