2009年06月12日

前例を変えるのは大変だ

19時からアユボン中学校のPTA実行委員会(いわゆる、執行部と広報・厚生・校外などの専門委員会の会合の場である)。ヤレヤレー。

広報は「負担が多い」とどうも人気がないし、負担軽減ということも考えて発行回数を3回から2回に減らすことを提案(昨年の小P広報も2回だったしね)。広報委員会では全員の賛成を受けたものの、意外なところで物言いがつく。

…執行部。
#やっぱりー(T^T)

予算内なら、何回発行しようが広報委員会の自由でしょーがと思ったのだが、やはりそうはいかないらしい。やっぱり「PTAの広報紙」でありますから。そんな訳で、あらかじめ執行部と学校側との「役員会」にあげた後、さらにこの実行委員会に下ろして承認を得る必要があるとのこと(とほほ)。

実行委員会では広報委員会からの報告として、
@2学期制になったので、それに合わせて発行回数も2回にする
A区内の大半の中学校が年間2回の発行となっている
B負担軽減
といった観点から、あらためて発行を2回としたいということを説明。役員会でもあらかじめ2回化とする方針が得られていたし、この場でも特に反対意見も出ず、拍手による賛成多数で無事2回に減らすことが決定。まずは一安心(T^T)。

いやしかし、以前執行部の方々に説明した時も「前例が云々」という言葉の多いこと。発行をたった1回減らすだけなんだけど、それだけでも本当に大変なのねえ。PTAという組織で、前例を変えるのってつくづく難しい。



にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
でも自分が楽になるならば!の精神で頑張りますた!そんなプニタに愛のワンクリックを。

posted by ぷにた at 23:33 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ★WM:小学校・中学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121447915
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。