2007年03月31日

【東京23区子育て比較'07】(23)江戸川区編

ついに最後の23番目、江戸川区です。
江戸川区といえば、ワタクシも新婚時代から10年間住んでおりました区。その区でこの年度末暴走企画も終わるかと思うと感慨深いものがございますねえ。

---------------------------------------------------------
19年度予算案のページ→こちら

<財政規模>
・予算総額:3,209億円
・一般会計:1,968億円

<主な子育て関連事業>
■医療費助成:
通院費は小6まで無料。中学生は自己負担分の1割を助成。(10月から)入院費は現行どおり、中3まで無料。

■児童手当 :
小6まで支給。
→変更なし。

■保育園関連:
・区立保育園の管理運営・建設
 ○延長保育実施園を13園から14園に。
 ○小松川第三保育園新設。21年4月開園予定。
 ○江戸川二丁目保育園の立替え。20年8月移転予定。
 その他、子育て情報掲示板の設置や、子育て安心パスポート事業など予定。
・私立保育園の延長保育拡大
 ○延長保育実施園を21園から22園に。
 ○区立東小松川保育園を廃園にし、私立東小松川おひさま保育園を新設。
・認証保育所の新設
 19年度中に、A型1施設を開設。

■保育ママ関連:
・保育ママの助成
 期末援助費を400,000円に改定。
 <19年度計画>保育ママ数220名、受託児数を320名

■小学校関連:
・小・中学校普通教室冷房化
 3年計画でクーラー設置。19年度は中学校32校へのクーラー導入。

■その他:
・乳児養育手当(1歳未満児対象)の拡大
 所得額に応じて10,000円または13,000円を支給していた乳児養育手当を、13,000円に統一し、さらに所得制限を緩和(児童手当基準に準拠)。
・子育てサポートひろば事業のモデル実施
 共育プラザ南篠崎の「子育てひろば」で、短時間子どもを預けられるようにする。預かるのはファミリーサポート協力会員。
・共育プラザの運営
 (1)中学生・高校生の活動支援、(2)子育て支援
→以前は「児童館」だった「共育プラザ」。小学生はすくすくスクールのある小学校内に追いやり、中高生と就学前の子どもとその保護者の施設になりました。確かに中高生の居場所って大事なんだけども。小学生の居場所が放課後も小学校内だけでいいのか、って思うんですけどね。まあ、元々江戸川区は児童館の数が極端に少なかった(あの広さで6つ)ので、こういう利用法を考えたんだとは思いますが。

---------------------------------------------------------

今日で18年度も終わり。この暴走企画も、ちょうどきりのいいところで終わりました(無計画だったのに、すんばらしー(ToT)。
明日からは、いよいよ新年度。保育園も学童も、月曜日から新しい子どもたちを迎えてのスタートですね。新入園、新入学のお子さんをお持ちのママパパも新しい生活のスタート、ぼちぼち慣れていきましょうねー。

新年度も、拙作サイト&ブログ、どうぞよろしくお願いします。

#かくいうぷにたも4月1日付で別部署へ異動でどっきどきでござい
#ます。こんな大きな異動は初めて。いやもう、不惑を迎えてまだ惑
#わせますか(涙)>会社
#新年度、さあどうなりますやら…。
posted by ぷにた at 14:42 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | ◆HP:東京23区自治体保育比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学童で、お花見

070331_0618~0001.jpg

今日は風の子のお花見。

毎年多くの保護者や子どもが集まってどんちゃん騒ぎする春の一大イベント。
朝6時に場所取りしてきましたー。眠い。

ちなみにこりはガムテープで書いた、芸術的な文字(←ぢぶんで言うな(笑))。
posted by ぷにた at 07:41 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ★WM:保育園・学童のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

【東京23区子育て比較'07】(22)葛飾区編

今日は葛飾区の子育て支援新規事業でございます。

葛飾区も中3までの医療費無料化を実現。
あと、「歯育て」にずいぶん力入れてます(笑)。

---------------------------------------------------------
19年度予算案のページ→こちら

<財政規模>
・予算総額:2,485億円
・一般会計:1,454億円

<主な子育て関連事業>
■医療費助成:
中3まで通院・入院費無料。
→4月から実施。

■児童手当 :
小6まで支給。
→変更なし。

■保育園関連:
・延長保育実施園の拡大
 既に実施の23園に加え、新たに5園で1時間の延長保育(18:15〜19:15)を実施。
・一時保育の保育料見直し
 現行料金の2/3〜1/2程度に抑えた利用料金を設定し、それを上限額として実施園で柔軟に料金を設定。
・認可保育園、認証保育所の増設
 私立認可・そあ保育園(運営:社会福祉法人 砂原母の会)を4月新設。そあ保育園は、学童クラブも併設(学童保育関連の項参照)。また10月に、新小岩駅北口に認証保育所(A型)を新設予定。

■小学校関連:
・葛飾学習チャレンジ教室
 放課後や土日等を活用した学力向上教室を全校で実施。
・学校トイレの改修
 学校のトイレを快適に。小学校6校で実施。
・小・中学校特別教室の冷房化
 普通教室は冷房化済み。今度は特別教室の冷房化。

■学童保育関連:
・私立学童保育クラブ事業費助成
 4月にそあ学童保育クラブ、鎌倉小学童保育クラブを新設。
→ちなみに両方とも社会福祉法人による運営。

■放課後子どもプラン関連:
・わくわくチャレンジ広場
 区立全49校で実施。

■その他:
・すくすく歯育て支援事業
 (1)親子の歯育てすくすくクラブ
   10ヶ月児とその保護者対象。
   仲間づくりも目的のひとつだったり。
 (2)すくすく歯育て歯科健診
   2歳から2歳2ヶ月の子どもとその母親に対する歯科健診
   および予防処置を実施。
 (3)歯育てのびのびキッズ
・特定不妊治療費助成
 上限10万円/年度を助成。
・子ども総合センターの建設
 青戸四丁目に建設予定。
・ショートステイ、トワイライトステイの実施
 青戸四丁目の「希望の家」(運営・社会福祉法人共生会)にて10月より実施。定員はショートステイが5名、トワイライトステイが20名。

---------------------------------------------------------

明日はついにラスト・江戸川区でござい〜。
posted by ぷにた at 23:58 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | ◆HP:東京23区自治体保育比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

【東京23区子育て比較'07】(21)足立区編

いよいよ23区の子育て支援新規事業のご紹介も、あとラスト・スリーとなりました。いやいや20日間よくも続いたモンです。あと一息、がんばろう。

というわけで、今日は足立区でございます。

---------------------------------------------------------
「子どもの未来とまちの活力を育む予算」
19年度予算案のページ→こちら

<財政規模>
・予算総額:3,820億円
・一般会計:2,203億円

<主な子育て関連事業>
■医療費助成:
中3まで入院費無料。(4月から実施)
通院費は、就学前までは従来どおり無料。
小1から中3までの通院費は自己負担分の1/3を助成。(10月から実施)

■児童手当 :
小6まで支給。
→変更なし。

■保育園関連:
・認証保育所等利用者助成
 認証保育所、保育室の利用者に10,000円/月を助成。
・区立保育園の民営化
 民営化を行うことで、長時間の延長保育、産休明け保育、年末保育などの多様な保育ニーズに対応する。
 <今後の民営化予定>
  ○平成19年:青井・中部保育園
  ○平成20年:第二本木・東保木間保育園
  ○平成21年:日ノ出町・谷在家保育園
  ○平成22年:西新井本町・伊與大境保育園
  ○平成23年:栗原・西綾瀬保育園
・私立保育園新設
 私立保育園を3園開設予定(うち1園は9月開園予定)。
 結果、区立保育園60園(公設民営4園、幼保園1園を含む)、私立保育園30園となる。

■幼稚園関連:
・私立幼稚園等園児保護者の負担軽減
 入園料を5〜10万円に増額(課税額により上限が異なる)。
 
■小学校関連:
・普通教室等冷房化
 今年度中に、区立小学校の1,116普通教室にエアコン設置。

■学童保育関連:
・学童保育室の増設
 4室を新設、但し千住学童保育室廃止のため、施設増数3室。
→学童の待機児数が12%を超え、保育園と並んで23区で最も多かった足立区。
 毎年3〜6室ずつ増やしていったおかげで18年度にようやく5%を切り、効果が出てきた感が。待機児が多いからといって、どこぞの自治体のように安易に「学童」と「全児童対策事業」との一本化を図らないのが足立区の良いところ。今後は民設民営の学童も誘致するなどの待機児解消策も考えているとのこと。

■放課後子どもプラン関連:
 「放課後こども教室」、6校程度をモデル校としてスタート。
 地域の方々の協力だけでなく、総合型地域スポーツクラブやNPOなどの委託も検討する。

■その他:
・こんにちは赤ちゃん訪問事業
 生後3ヶ月までの乳児がいる全世帯対象に家庭訪問を実施。
・子育て支援パスポート事業
 中学生以下の子どもがいる世帯、および妊産婦のいる世帯にパスポートを配布。協賛店舗で5%の割引サービスが受けられる。
・子育てサロン事業
 0〜3歳までの乳幼児とその保護者のためのサロンを増設。
 現在7箇所、3月に西保木間に新設。

---------------------------------------------------------

明日は葛飾区を紹介予定。
アクアさん、出番ですよ〜(笑)。

posted by ぷにた at 22:08 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | ◆HP:東京23区自治体保育比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

また異○…?


…の話が、あるとかないとか。(←ゴメス・チェンバレン風に(笑))


をいをい、先の異○からまだ3ヶ月ですよ。
しかも今度はまるで畑違いのところらしいし…。

せっかくいい上司に巡りあえたと思ったのに、今から鬱。
(´・ω・`) しょぼーん。。
posted by ぷにた at 16:41 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ★WM:お仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

【東京23区子育て比較'07】(20)荒川区編

今日は荒川区です。
何かねえ、すごいです。子育て施策の数が。
ポイントは「在宅子育て世帯への援助」、ということでしょうか。
保育園への施策もなかなか頑張ってはいるようです。

---------------------------------------------------------
「幸福実感都市 あらかわ」の実現に向けて積極的に取り組む予算
19年度予算案のページ→こちら

<財政規模>
・予算総額:1,344億円
・一般会計: 828億円

<主な子育て関連事業>
■医療費助成:
中3まで通院・入院費無料。

■児童手当 :
小6まで支給。
→変更なし。

■保育園関連:
・南千住保育園の整備
 南千住保育園を近隣地に移転・新築し、学童クラブを併設する。

・上智厚生館保育園分園の設置助成
 上智厚生館保育園(私立認可)の分園を開設。0〜2歳児受け入れの乳児園。
 19年10月開設予定。

・認証保育所保育料助成
 保育料の一部を助成。金額は不明。

・年末保育の実施
 区立保育園で年末保育を実施。

・保育園における体育、食育、読書活動推進
 保育園で専門家から指導を受ける「いきいき体操教室」を開催。また、読書活動推進のため、保育園の蔵書を倍増させる。

・幼保一元化園新設
 白鬚西地区に20年度幼保一元化園を新設(暫定園舎)。

・保育園安全対策の充実
 区立保育園全園にオートロックを設置。
 また、園児のお迎え時の安全を確保するため、すべての認可保育園に園児安全推進員を配置。

・延長保育の充実
 延長保育実施園において、利用希望者の多い園について定員を増やす。また、延長保育定員の空き枠を利用してスポット利用を開始。

・一時保育実施園の拡大
 第二東日暮里保育園で実施。4園め。

・家庭福祉員の増員及び研修・安全対策の充実
 家庭福祉員(保育ママ)を2名増員し、28名に。

■小学校関連:
・学校図書館指導員の全校配置
 学校図書館機能の充実を図るため、学校図書館指導員をすべての小・中学校に配置。

・小学校新設
白鬚西地区に22年度小学校を開校。
幼保一元化園をこの小学校内に移設。

■学童保育関連:
・学童クラブ増設
 現行:23クラブ→24クラブとする。

■放課後子どもプラン関連:
・放課後子どもプランモデル事業の実施
 19年4月より尾久宮前小学校で実施。

■その他:
・育児支援ヘルパーの創設
・子育てハンドブックの作成
・地域子育て見守り事業
 3歳未満児の家庭に対し、地域の民生・児童委員が3,000円のキッズクーポンを配布。
・子育てフェスタ
 区内の子育て団体により実行委員会を作り、区内の子育て施策・活動の紹介などPRを実施。
・在宅親子交流事業
 在宅育児世帯を対象にバスハイクを行い、相互交流を深めるとともに、子育ての楽しさを実感してもらう。
・親子ふれあい入浴事業
 2か月に1回、子育て家庭の親子(対象小学生以下)の公衆浴場入浴料を無料とする。
・ツインズサポート事業
 3歳未満の多胎児家庭にタクシー券を支給。また、就学前の多胎児家庭に、ファミリーサポートの利用補助を行う。
・子育てサポーター制度
 ファミリーサポートセンター登録会員、保育ママ等を「子育てサポーター」として登録し、必要なときに子どもを子育てサポーターに託せるようにする。
・乳幼児一時預かり事業、託児サービス事業、産後ボランティアなどへの助成当該団体への費用助成。
・ファミリーサポートセンターの充実
 会費制を廃止。

---------------------------------------------------------

いよいよラスト3つ。明日は足立区の予定。

posted by ぷにた at 23:53 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | ◆HP:東京23区自治体保育比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

【東京23区子育て比較'07】(19)北区編

恐るべし、本日4つめのエントリー。
#ちなみに保育園にたどり着いたら19時20分になってました。バスもタクシーも
#全然来ず。2駅分歩き通し。ちかれた。

さて今日は、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!区でございます(笑)。

北区といえば、なかなか子育て支援施策でも頑張っているし、昔からサイトでの情報公開も積極的に行っていて、ぷにたおすすめの区でもございます。既に中3まで医療費無料の北区、「子育て福袋(爆)」はじめ、今年もたくさんの施策を行うようで。

---------------------------------------------------------
19年度予算案のページ→こちら

<財政規模>
・予算総額:2,250億円
・一般会計:1,266億円

<主な子育て関連事業>

■保育園関連:
・私立認可保育園開設
 4月に「キッズタウンうきま保育園(定員120名)」、「キッズタウンうきま夜間保育園(定員30名)」を開園。両園とも、休日保育(365日開所)実施。また後者は、延長保育時間を含み午前9時〜午後11時までの保育を実施。
・区立保育園の定員増
 滝野川・桐ケ丘・西ケ原東・桜田・桜田北の5保育園で35名の定員増。
・公立保育園の民間委託、病後児保育の開始
 桐ケ丘・滝野川西の2園の運営を指定管理者に委託。
 そのうち滝野川西保育園においては、病後児保育開始。
→ちなみに、2園の委託料は7億3871万円。ちょっと備忘録的に記載。

■小学校関連:
・普通教室等冷房化
 20年夏までに全小学校の普通教室を冷房化する。
・コミュニティ・スクール
 西ヶ原小学校を「コミュニティ・スクール」とする。
 学校職員、保護者や地域住民などで学校運営協議会を設置、運営を行う。

■学童保育関連:
・児童館、学童クラブの民間委託、育成時間延長
 八幡山児童館育成室を民間委託、育成時間を延長。

■放課後子どもプラン関連:
 3校をモデル校としてスタート。

■その他:
・「子育て福袋」贈呈
 子育てガイドブック、育児支援ヘルパー無料利用券(2時間×2回)、 ママパパ子育てほっとタイム無料利用券(満2歳まで保育園・保育室を無料で利用できる(4時間以内×3回))、を配付するなど、3歳までの子育てを総合的に応援。
・民生委員・児童委員によるお誕生会招待状配付
 児童委員が全戸を訪問して招待状を手渡し。保護者と地域をつなぐ。
・絵本プレゼント
 3歳児健診時に絵本プレゼント券を配付し、図書館で引き換える。
・妊産婦健診費助成
 10,000円→50,000円に増額。
・ファミリー世帯住み替え家賃助成
 区内の民間賃貸住宅に住んでいるファミリー世帯がより広い民間賃貸住宅に
 転居する場合、家賃差額を3年間助成。上限2万円。
→「子育て福袋」…笑いました。でも内容はまさに福袋。他にも、いろいろ工夫していて、なかなか面白い子育て支援施策を打ち出しています。

---------------------------------------------------------

明日は北島康介の地元(笑)・荒川区をご紹介。

※千代田区から昨日紹介した板橋区までの新年度事業を、「東京23区自治体保育比較−子育て支援(お金編)」に反映しています。
posted by ぷにた at 22:29 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆HP:東京23区自治体保育比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まいった

東西線全線ストップ。途中の門仲で電車を降ろされ、いまだお迎えに行けてません。
仕方ないので門仲から東陽町まで歩き…。とほほ。
posted by ぷにた at 19:06 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | ★WM:ドタバタな日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひなたぼっこオフ・打ち上げ

民営化説明会の後は、昨年秋に行ったオフ会の打ち上げ。
(今さらですが(^^;))
しかも、スタッフのおひとりが認証からの転園申請を出していて、無事第一希望に決まってこりゃーめでたい!祝杯をあげました。

今回の打ち上げには、来年度のオフはもう少し清澄白河方面を強化しようと、オフ当日どしゃぶりの中せっかく来ていただいたのに、当方の段取りが悪くすぐに帰ることになってしまった(^^;;;)「いわなさん」と、ご友人で、ひなたぼっこBoardにもよく書き込みしてくださり、大酒のみと評判の(爆)「れこさん」もすぺしゃるゲストとしてお招きしました。清澄白河方面の興味深いお話(( ̄ー ̄)ニヤリ)もたくさん聞くことができてお腹いっぱい!

私は説明会のため遅刻しちゃいまして(肝心のいいだしがなにやってるやら(苦笑))、少々物足りなかったのでその後2次会まで。いわなさんやれこさん(さすが酒好き(笑))、つんちゃんママとまたまた楽しいひとときをすごさせてもらいました。

ぜひまたやりたいですねえ〜!(^^)
posted by ぷにた at 13:39 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | ★WM:ドタバタな日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【南2保育園民営化】第4回民営化説明会・その2

土曜日は南2・民営化説明会の2回目。
(22日(木)と同内容の説明会である)

先に民営化対策委員と保育課と1時間ほど打ち合わせ、そして説明会へ。
今回何しろ楽しみだったのが、受託法人である「わかみや福祉会」作成のDVD。そして何と、22日はぎっくり腰(^^;)で欠席だった理事長も直々にお出ましに!

参加者は、土曜日だというのに22日と同じぐらい。うーん、一般の保護者はあんまり興味ないのかねえ(ーー;)。

まず、保育課からこれまでの過程と選考結果について説明。3法人が申し込み、一次審査(書類選考)、二次審査(現地でのヒアリングなど)を経て選考部会による点数付け(1000点満点)を実施。その中で、一番高得点(818点)だった「わかみや福祉会」に決定した、というわけ。

その後、法人紹介、そしてお楽しみのDVD上映会。木曜日の回で話題騒然だった「さんま会」(子どもたちが園内でさんまを焼いている(^^;))とか青空ランチとか、楽しげな様子が。私立らしく、外部から講師を呼んで体操、造形、英語なども行っている。もちろん乗り気でない子には決して無理強いするわけではなく、きちんとその子のペースに合わせてくれるとのこと。アレルギー食も、単なる代替食というわけではなく、色どりも合わせることによって子どもたちがそれと気づかないような配慮も。
興味深いのは、お迎え時に保護者と職員、また保護者同士の交流を深めるための「カフェ」を月に一度ぐらいで開催していること。園で出しているおやつの試食ができたりするらしい。なかなか楽しそう。
#…お、お酒はダメですか?(爆)

また、理事長初見参で、なかなかの暴走っぷり(笑)が笑いを誘っておりました。
#いや、いい方なんですよ。とっても。(^^;)

以上、良さげなことばかり書いてきたが、もちろん不安材料だってある。
(1)1時間延長は行っているが、2時間延長はやったことがない。
  夕食の提供、職員のローテーション等は大丈夫か?
(2)新設園の民間委託は経験済みだが、既設園での民間委託は初めて。
  子どもに負担をかけないスムーズな引継ぎは可能か?
…などなど。

法人と区と保護者の三者協議は4月から。これから大変な日々が始まりますなあ〜。
個人的には、「現在の公立園としての質の維持」に拘らず、縁あって受託することになったわかみやさんのいいところをできるだけに発揮していってもらえればなあと思うんですが。もちろん、子どもたちに負担がかからないことが大前提ですけどね。
posted by ぷにた at 12:53 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | ■江東区の保育:南2民営化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

【東京23区子育て比較'07】(18)板橋区編

ようやく18番目。あと残り5区となりました(^^)。
で、今日は板橋区の子育て支援新規事業のご紹介。

板橋区の医療費助成は小6まで。とほほー!
#ここまで紹介して、中3まで対象でないのは我が江東区と板橋だけ(T^T)。

昨年「すくすくカード事業」「赤ちゃんの駅」など板橋独自の子育て支援制度をかなり出してきたため、今年はあまり目立つ事業はなし。
ただ、全小学校でのCAPプログラム実施は個人的にうらやまし!

---------------------------------------------------------
19年度予算案のページ→こちら

<財政規模>
・予算総額:2,815億円
・一般会計:1,647億円

<主な子育て関連事業>
■医療費助成:
小6まで通院・入院費無料。
→10月から実施。

■児童手当 :
小6まで支給。
→変更なし。

■保育園関連:
・区立保育園全園に電気錠とカメラ付インターホンを設置

■幼稚園関連:
・幼稚園の全教室を冷房化

■小学校関連:
・全小中学校の教室を冷房化
・全小学校でCAPプログラムを実施
→普通教室の冷房化、暑いのも「学習意欲が落ち、学力低下の要因となる」ということらしいです。全小学校でのCAPの実施はうらやましいですね。

■その他:
・妊婦健診助成制度拡充
 里帰りなどで東京都外で受診した場合も、費用を一部助成する。
・「赤ちゃんの駅」範囲拡大
 区立施設で実施している「赤ちゃんの駅」を、私立保育園と幼稚園に拡大。
→里帰りでの受診費用助成は珍しいですね。

---------------------------------------------------------

明日は北区をご紹介予定ですー。
posted by ぷにた at 13:27 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | ◆HP:東京23区自治体保育比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

【東京23区子育て比較'07】(17)練馬区編

今日は練馬区の子育て支援新規事業のご紹介。
目玉は、やはり中3までが対象となった医療費助成制度。
保育園関連では、認証保育所利用者の負担軽減。練馬区は23区でも待機児童が決して少ない方ではないんですが、その辺の対策は取らないんでしょうかね??

---------------------------------------------------------
19年度予算案のページ→こちら

<財政規模>
・予算総額:3,424億円
・一般会計:1,993億円

<主な子育て関連事業>
■医療費助成:
中3まで通院・入院費無料(入院時食事負担への助成あり)。
→4月から実施。

■児童手当 :
小6まで支給。
→変更なし。

■保育園関連:
・認証保育所通園児の保護者の負担軽減
 園児の年齢に応じて、1万〜2万円/月を助成。

■幼稚園関連:
・私立幼稚園園児の保護者の負担軽減
 入園料の助成額を3万円→4万円に増額。

■その他:
・育児支援家庭訪問制度
 産後の体調不良などにより家事・育児が困難な家庭へ、ホームヘルパーを派遣する。

---------------------------------------------------------

明日は板橋区をご紹介予定です。
posted by ぷにた at 13:33 | 東京 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | ◆HP:東京23区自治体保育比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きのううさぽんが(BlogPet)

きのううさぽんが、施設したいなぁ。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「うさぽん」が書きました。
posted by ぷにた at 11:28 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | こうさぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

【東京23区子育て比較'07】(16)豊島区編

今日は豊島区の子育て支援新規事業のご紹介。

豊島区の医療費助成は、4月から小6まで、10月から中3までと段階を踏むのが特徴。
保育園関係は特筆すべき項目は何もなし。
放課後子どもプラン関係は、着実に進めていってますな〜。

---------------------------------------------------------
19年度予算案のページ→こちら
〜文化と品格を誇れる価値あるまちへ〜

<財政規模>
・予算総額:1,507億円
・一般会計: 895億円

<主な子育て関連事業>
■医療費助成:
4月より、小6まで通院・入院費無料
10月より、中3まで通院・入院費無料
入院時食事負担は乳幼児のみ助成。

■児童手当 :
小6まで支給。
→変更なし。

■放課後こどもプラン関連:
・「子どもスキップ」開設
 学童クラブと全児童放課後対策事業を統合させた「子どもスキップ」を展開。19年4月に2ヶ所(計12校)、20年4月に3ヶ所(計15校)、21年度以降順次開設予定。利用料は無料、学童クラブは3,000円/月。
・放課後子ども教室
 地域との交流、体験活動(茶道、書道、将棋、手芸教室など)を行なう。
 「子どもスキップ」導入校で実施し、連携を図る。
→昨年、文部科学省と厚生労働省が発表した「放課後こどもプラン」。23区でもその最先端をいくのが、ここ豊島区なのかも。
 
■その他:
・妊産婦健康診査の助成
 10,000円を助成。
・中高生センター「ジャンプ」の開設
 東池袋に、中・高校生が音楽・演劇などの文化・芸術活動を行う場として、またボランテイア活動の拠点や友だちとの語らいや情報交換の場として、自主的に利用できる施設「ジャンプ東池袋」を開設、運営。
 20年度には、西部地区に開設予定。

---------------------------------------------------------

明日は練馬区の予定。
さてさて、今日はこれから南2民営化説明会と、その後飲み会だす。
楽しんできます〜。
posted by ぷにた at 14:06 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆HP:東京23区自治体保育比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

【南2保育園民営化】第4回民営化説明会

昨日夜、保育園で4回目の民営化説明会があった。
1月に「社会福祉法人・わかみや福祉会」が受託法人として内定(保護者に知らされたのは2月15日)、3月9日の区議会で「指定管理者」として正式に承認されてから初めての説明会。

開始が17時半からだったので、17時過ぎに会社が終わるワタクシとしては当然間に合うはずもなく、1時間弱ほど遅刻して参加。

区からは子ども生活部長はじめ、大塚課長などおなじみ保育課の職員の方々。わかみや福祉会からは、副理事長(理事長はぎっくり腰で欠席(^_^;))、園長予定者、他全部で5名。前にずら〜っと並んでひな壇状態(笑)。
保護者は平日ということもあって25名ほどが参加。その後ろには現在の南2の先生方や職労の先生方もずらりと座って説明を聞いている。

わかみや福祉会は昭和53年設立の社会福祉法人。江戸川区船堀にマリヤ保育園(私立認可)を開設。私が江戸川区に住んでいた頃も「素晴らしい保育を行なう保育園」として評判が高かった。
その後、平成15年に浦安市立弁天保育園(公設民営、新設)、平成18年に浦安市立入船北保育園(公設民営、新設)の指定管理者として各園を運営。


園長に就任予定の先生は、マリヤ保育園(法人の母体園)の現・園長先生。南2の保護者側が募集要項に織り込んでほしいと区に要望した「法人の理念を十分に理解している方に園長を」という条件を、法人側も十分配慮してくださった結果といえる。先に民営化された豊洲や毛利では、園長候補でずいぶんもめたと聞くから、早々とこの時点で園長就任予定の先生と顔合わせできたことは、保護者にとっても安心できる要素なのではないだろうか。
しかも、私が来る前には法人の保育園の様子を写したDVD(理事長お手製らしい(笑))の上映会まであった模様。わかみやさん、もー気合入りまくり(笑)。もっとも「百聞は一見にしかず」、説明会で法人の理念をとうとうと語られるより、保育の様子や子どもたちの様子を見た方が、分かりやすいことは間違いないしね。

その後の質疑応答でも(ここら辺からぷにたは参加)、法人が自分たちの保育や理念に相当の自信を持っていることがうかがえた。しかも、今回の南2受託にあたり、内定直後に「対策室」まで設けているという。さすがは江戸川区でも評判の保育園を運営しているだけのことはありますな!
南2保護者OnlyのMLでも、「法人のやる気が感じられて好印象だった」と評判は上々。ううう、ぷにたも早くDVD見てみたいぞ(笑)。明日も同じ内容の説明会が開催されるので、昨日参加していない保護者の方はぜひぜひご参加を!


  * * *

なお、南2保護者以外の方でも説明会は傍聴可能!(但し発言権はありません)
民営化に関心のある方、興味のある方は、ぜひ傍聴してみては。
 日時 : 3月24日(土) 16時〜
 場所 : 南砂第二保育園 ホール
※南2保護者以外の方は、お子様連れは極力ご遠慮くださいまし。
posted by ぷにた at 15:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ■江東区の保育:南2民営化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【東京23区子育て比較'07】(15)中野区編

今日は中野区の子育て支援新規事業のご紹介。

中野区も、10月から中3まで医療費が無料になります。
#15区までやってきて中3まで医療費が無料でないの、我が江東区だけやん!(涙)

保育園は1園新設、それにともない2園閉園。中野区の民営化は「公設民営化(あくまで区立のまま、運営だけが民間)」じゃなくてあくまで「民営化(区立から私立にかわっちゃう)」なのが特徴。

---------------------------------------------------------
19年度予算案のページ→こちら

<財政規模>
・予算総額:1,708億円
・一般会計: 985億円

<主な子育て関連事業>
■医療費助成:
中3まで、通院・入院費無料(入院時食事負担を除く)
→10月から実施予定。

■児童手当 :
小6まで支給。
→変更なし。

■保育園関連:
・(仮称)東中野五丁目保育園(私立)を20年4月開設。
 開設に伴い、住吉保育園、東中野保育園は閉園。
 東中野保育園跡地に認証保育所新設予定。
・認証保育所等保護者補助
 認証保育所および保育室の保育料を20,000円/月助成。
・午睡用ベッドの購入
 保育園の午睡用寝具を布団からベッドに切り替え。
 19年度は10園で実施。予算総額2,058万円。
→民営化も積極的に進めてますねえ、中野区。ところで午睡用ベッドって何?他の自治体の保育園で導入されていたりする「コット(簡易ベッド)」みたいなもんでしょうか。

■幼稚園関連:
・私立幼稚園等保護者補助
 私立幼稚園に在籍する園児の保護者に対し、保育料補助を増額。
 9,500円/月→10,500円/月。

■学童クラブ関連:
・民間学童クラブ(1ヶ所)に運営費補助
 1ヶ所で833万円。
→4月から、新井4丁目のアイロード商店街に中野区初の民間学童「ちゃいれっく・アイロード学童クラブ」が開設されるとのこと。「ちゃいれっく」つーことは、認証保育所もやっているあの「ちゃいれっく」っすね。その運営費の助成。

■放課後こどもプラン関連:
・「(仮称)キッズプラザ」開設準備
塔山小学校に小学校施設を活用した遊び場「キッズプラザ」を開設予定。その他、放課後こども教室推進事業を塔山小学校区ほか20校区で推進。


---------------------------------------------------------

明日は豊島区の予定ざんす〜。
posted by ぷにた at 13:21 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆HP:東京23区自治体保育比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

【東京23区子育て比較'07】(14)杉並区編

さて、今日は杉並区の子育て施策の新規事業をご紹介。

ネタバレしますと、「東京23区自治体保育比較」で各施策の更新をしていると、段々息切れしてくるのがこの区あたり(笑)。千代田区、中央区、港区、、、今度は気分を変えて下から江戸川区、葛飾区、、、と更新してみたり(笑)。あと自分が住んでる江東区だけは無駄に充実していたりするのはそのせいだったりします(笑)。


---------------------------------------------------------
19年度予算案のページ→こちら

<財政規模>
・予算総額:2,735億円
・一般会計:1,514億円

<主な子育て関連事業>
■医療費助成:
中3まで、通院・入院費無料
→4月から実施予定。

■児童手当 :
小6まで支給。
→変更なし。

■保育園関連:
・一時保育(ひととき保育)の拡充
 7ヶ所で実施、うち4ヶ所では親子で集える「つどいの広場」も併設。
・認証保育所、グループ保育室利用者負担金助成
 認証保育所利用者には20,000〜10,000円/月、グループ保育室利用者には10,000円〜7,500円/月の助成を実施。(世帯収入、年齢によって異なる)

■学童クラブ関連:
・民間学童クラブ(2ヶ所)に運営助成金
 2ヶ所で918万円。
→ちょっと備忘録的に記載(笑)
 
■その他
・杉並子育て応援券の実施
 有料の子育て支援サービスに利用できる「応援券」を配布する。
 就学前の子どもがいる家庭対象。
 《対象サービス》親子参加プログラム(コンサート、リトミックなど)、親サポートプログラム(産後フィットネス、ベビーマッサージなど)、子どもを預かるサービス(ひととき保育、ベビーシッターなど)
・子育てサイト運営(19年1月より)
 子育て支援ポータルサイト「すぎなみ子育てサイト」を運営。
 子育てに関する行政情報や民間サービス、地域情報の提供や地域団体が交流を深めることができる。
→「杉並子育て応援券」は板橋区で今年度から既に実施している「すくすくカード事業」に似てますな。区で運営する子育てポータルサイトも面白げでいいかも。


---------------------------------------------------------

明日は、中野区をご紹介。
posted by ぷにた at 13:29 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | ◆HP:東京23区自治体保育比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

【東京23区子育て比較'07】(13)渋谷区編

さて今日は渋谷区。
サイトの説明はあっさりしていて、いつもぷにた泣かせです(苦笑)
#ちなみに、同じ「保育園」のページを、昨日紹介した世田谷区のものと
#ぜひ比べてみてください。くらくらします(笑)
渋谷区世田谷区

でも予算案は見やすかったので良かったです(笑)

東京都の自治体で最も出生率の低い渋谷区、やはり目を引いたのは「在宅子育て支援」の充実でしょうか。預ける要件を問わない一時保育の拡充、子育て支援センターの増設、育児支援家庭訪問の利用時間数の拡大などなど。
共働き世帯にとっては「学童保育の廃止、放課後クラブへの一本化完全実施」が何より痛いところ。渋谷区の学童は元々無料で、区長も「現状では、保育に欠ける児童のうち、3年生でも学童館に入れない」と明言しているように待機児も多いため「何とか安上がりに待機児解消を」ということで考えられた策なんだろうと思います。でもネットで検索しても、あまりこれについての利用者の声ってひっかからないんですよね(反対してる共○党とか、一部民○党の議員さんのページぐらい(汗))。現状はどんなもんなんでしょ?

---------------------------------------------------------
19年度予算案のページ→こちら

<財政規模>
・予算総額:1,202億円
・一般会計: 723億円

<主な子育て関連事業>
■医療費助成:
中3まで、通院・入院費無料
→10月から実施予定。

■児童手当 :
小6まで支給。
→変更なし。

■保育園関連:
・区立保育園の定員拡大
 27名増。新設園の予定などはなし。
・一時保育の拡充
 10月より、富ヶ谷地区で実施。一時保育にあたり、その要件は問わない。
・認証保育所増設
 認証A型を1ヶ所増設。
 なお、保育料25,000円/月の補助を実施。

■放課後こどもプラン対策:
放課後クラブ完全実施
 放課後〜午後5時まで利用できるA会員と、就労などの事情により家庭に保護者がいない児童を対象に、土日祝日を含めて午後6時まで利用できるB会員がある。
 19年度より、全区立小学校(20校)で完全実施。
→ついに、従来学童館で実施されていた学童保育は廃止、「放課後クラブ」に一本化。よほど力を入れているらしく、保育園など他の項目はさらりと書いてあるのに、この「放課後クラブ」だけは写真入りでやたらと詳しく書かれているのが妙に笑えます(笑)。
 ちなみに、B会員で6時まで延長の場合はお迎え要。えー、働いていて6時にお迎えできる保護者ってどれだけいます?
 
■その他
・特定不妊治療費助成
 上限20万円を助成。年2回まで。
・子どもショートステイ実施(10月より)
 生後57日〜6歳の子どもは児童福祉施設で、2歳〜12歳の子どもは協力家庭宅で実施。1日3,000円、月1回(6泊7日以内)利用可。
・広尾子育て支援センター開設(10月)
 子育て支援センターは区内6ヶ所目。
・公開講座「しぶや家庭の医学−小児編」
 帝京大学医学部の教授などが、それぞれの分野の疾患について病態、早期発見方法、予防法、治療法などわかりやすく解説する。
 子育て中の保護者が参加しやすいよう、託児付きまたは親子参加などの方法を取る。
・「親子ふれあい入浴デー」の新設
 親子のふれあいを深め、入浴マナー(^^;)を学ぶ機会とする。
・育児支援家庭訪問(にこにこママ)の利用時間数拡大
 妊婦、産後1年以内の産婦宅に、家事・育児支援者(シッター会社に業務委託)を派遣、育児負担を軽減させる制度。利用限度は40時間以内、800円/1h。
 19年度は、多胎児出産および第二子以降の場合についてその利用限度時間を拡大する。 
→最近、他の区でも見かけるのが在宅子育て支援のためのヘルパー派遣。
 業者に直接依頼するよりも割安で利用できるようです。
 他にも「家庭の医学−小児編」「親子ふれあい入浴デー」などユニークな取り組み(でも入浴マナーってのは…(笑))も多いですなあ。
 
---------------------------------------------------------

明日は、杉並区をご紹介。
posted by ぷにた at 09:50 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆HP:東京23区自治体保育比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

【東京23区子育て比較'07】(12)世田谷区編

1日1区、各区の予算案概要から子育て施策の新規・目玉事業を抜き出して紹介する、年度末の暴走企画(爆)も、今日でようやく半分を超えました。12日間我ながら頑張ってるなあ、と(笑)。

で、今日は世田谷区をご紹介。

それにしてもさすがでっかい世田谷区、予算の規模が違います。一般会計だけで2,300億弱ですか。

---------------------------------------------------------
19年度予算案のページ→こちら

<財政規模>
・予算総額:4,009億円
・一般会計:2,264億円

<主な子育て関連事業>
■医療費助成:
中3まで、通院・入院費無料
→12月から実施予定。

■児童手当 :
小6まで支給。
→変更なし。

■保育園関連:
・私立保育園の増設
 23ヶ所→29ヶ所
 (民営化する烏山保育園、宇奈根・尾山台の私立認可保育園、
  用賀なのはな深沢分園、認定こども園2園)
・認証保育所の拡充(24ヶ所→27ヶ所)
・病児・病後児保育所の拡充
 医療機関併設型を1ヶ所増(2ヶ所→3ヶ所)。

■幼稚園関連:
・私立幼稚園園児保護者負担軽減補助の増額
  保護者補助金 :6,500〜12,700円/月 → 7,000〜13,200円/月
  就園奨励補助金:56,900〜257,000円/年→57,500〜257,000円/年

■放課後こどもプラン対策:
・新BOP
 指導員を増員(290人→300人)。規模に応じた効果的な職員配
 置、配慮を要する児童への対応をはかる。
 新BOPで、子どもの体力作りを実施。

■その他:
・さんさんサポート
 産後6ヶ月、産前1ヶ月の期間内に3回のヘルパー派遣。
・子育てステーション整備
 多機能型子育て支援施設(認証保育所、一時預かり(ほっとステ
 イ)、おでかけひろば、発達相談)を20年4月千歳烏山駅前に開設。
・産後ケアセンター開設
 産後の一定の期間に特に支援を必要とする母子とその家庭に対
 する宿泊ケア、日中ケアを行う。20年3月開設予定。

---------------------------------------------------------

明日は渋谷区を紹介予定。
HPがショボイので今から鬱(笑)。
posted by ぷにた at 22:39 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | ◆HP:東京23区自治体保育比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

【東京23区子育て比較'07】(11)目黒区編

今日は目黒区の子育て施策の新規事業をご紹介。

目黒区で目をひいたのは「中3まで医療費助成」と学童の待機児および卒室後対策として「ランドセル来館」を始めることでしょうか。後者を始めるにあたり、区が「新たな児童の放課後対策を考える懇話会」を立ち上げてPTA、利用者、小学校の校長先生などと児童の放課後のあり方について話し合いを持ち、報告書をまとめています(→HP)。待機児や4年生以上の卒室児対策として、「学童と全児童対策事業との一体化」を一方的に図る自治体もある中、こういう姿勢はさすが目黒区、という感じ。各自治体もぜひ見習っていただきたいものです。

---------------------------------------------------------
19年度予算案のページ→こちら

<財政規模>
・予算総額:1,455億円
・一般会計: 896億円

<主な子育て関連事業>
■医療費助成:
中3まで、通院・入院費無料(入院時の食事代も)
→10月から実施予定。

■児童手当 :
小6まで支給。
→変更なし。

■保育園関連:
・一時保育の充実
 新規で認証保育所1ヶ所に一時保育事業を委託する(定員2名)。
 計5施設(定員22名)に拡大。
・病後児保育
 実施施設を4施設に増設。

■幼稚園関連:
・私立幼稚園園児保護者負担軽減補助の増額
 8,700円/月→9,000/月に増額

■学童保育関連:
・南学童クラブ(仮称)新設
 19年4月開設。定員40名予定。
・「ランドセル来館」
 学童クラブの待機児など保育に欠ける状態の児童が、下校時自宅に帰宅しないでランドセルを背負ったまま児童館に来館できる制度。
 月〜金、18時まで。小1〜小6対象。
→目黒区の学童は民間に委託せず、「公設公営」で運営するのが基本なので、この南学童クラブもおそらくそうなるのでしょう。

■放課後こどもプラン対策:
・放課後フリークラブ(仮称)実施
 次の2種類の事業がある。
 (1)ランドセルひろば
   いわゆる、「全児童対策事業」。管理運営員を配置し、また週2回程度プレイリーダーを派遣し子どもの遊びが広がるようにする。
   19年度は3小学校で試行。
 (2)子ども教室
   「地域特性を生かした自由な発想による」教室を、地域の人材を活用して開催する。
   土曜日または放課後、年間50〜100回開催。19年度は4小学校で実施。   

---------------------------------------------------------

明日は世田谷区を紹介予定。
posted by ぷにた at 12:54 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆HP:東京23区自治体保育比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

【東京23区子育て比較'07】(10)大田区編

今日は大田区の子育て施策の新規事業をご紹介。
大田区も医療費が中3まで無料に。
その他、第3子以降の出産費用に5万円の補助が。でも、何で「第3子以降」で「5万円」なのん?出産費用の負担が大変なのは1人目でも何人目でも変わらないんですけどね…。

---------------------------------------------------------
19年度予算案のページ→こちら

<財政規模>
・予算総額:3,652億円
・一般会計:2,147億円

<主な子育て関連事業>
■医療費助成:
中3まで、通院・入院費無料
→いつからなのか記載なし。4月から?

■児童手当 :
小6まで支給。
→変更なし。

■保育園関連:
・保育園の定員拡充
 認証保育所を1園新設(19年4月)、雪谷保育園改築(20年2月開園、定員107名→130名)

■その他:
・出産こども一時金
 第3子以降の出産費用に対し、5万円を助成。
・19年12月、子ども家庭支援センター大森新設(区内3つめ)
・病後児保育事業
 1ヶ所新規開設(19年4月)、1ヶ所定員拡大(4名→6名)

---------------------------------------------------------

明日は目黒区を紹介予定。
posted by ぷにた at 22:25 | 東京 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | ◆HP:東京23区自治体保育比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

当初は(BlogPet)

時期にインフルエンザがはやっているし、もしや?
ということでかかりつけの病院に行くと、見事「インフルエンザB型」
の診断が(T^T)
病院とか恒例「6年生を送る会」
で処方してもらうことにインフルエンザとは
さてさて残りの年休はあと0.5日!
どうすんの診断すればよかった?
今頃、うさぽんたちが、残りと、さすがにしょぼくれるミユミユ
当初は37℃ぐらいの微熱だったが、ボンで被害とかを号泣したいみたいはずだったいみたい
昨夜、「アタマ痛い」
と言って風の子から帰ってきた
ぷにたは、広いぢぶんとかしょぼくれる
と、うさぽんは思ったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「うさぽん」が書きました。
posted by ぷにた at 11:19 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | こうさぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

【東京23区子育て比較'07】(9)品川区編

今日は品川区です。

ところで、他区にはある「予算案」の記事。何故か品川区にはなし!
予算案に関するプレス発表は2月にしているのに、その具体的内容を肝心の区民に公表しないのはおかしな話。もうその時点で、大きく減点!ヽ(`Д´)ノ
しょーがないので、区議会の区長施政方針演説から書き出しましたが、具体的な施策については記載されていないので何卒ご容赦ください。

---------------------------------------------------------
19年度予算案のページ→なし
<財政規模>
・予算総額: ?億円
・一般会計:1,345億円

<主な子育て関連事業>
■医療費助成:
中3まで、通院・入院費無料
→いつからなのか記載なし。4月から?

■児童手当 :
小6まで支給
→変更なし。

■保育園関連:
・区立保育園3園を「認定こども園」とし、幼保一元化をすすめる。

■幼稚園関連:
・私立幼稚園、幼稚園類似施設等の入園料補助増額
→いくらがいくらになるのか、さっぱりわかりましぇーん。

■小学校関連:
・品川区独自の教員採用
・4月、新たに大井地区に小中一貫校「伊藤学園」を開校。八潮地区は20年度、荏原西地区は22年度、品川地区は23年度に開校予定。
→「何事に対しても『東京で初めて』『国内初』と打ち上げるようなことが好きな区で…」とは品川在住の方のお言葉(笑)。特に教育関係に関しては、その傾向が強いようで。「学区選択制」を一番最初に初めて実施したのも品川区だし、小中一貫、4・3・2制をはじめたのもここ・品川区。
まああまり奇抜なことをやりすぎて、東京都の教員からは品川区に異動になることは「品流し」といって敬遠される傾向があるとか…(苦笑)。

---------------------------------------------------------

明日は大田区を紹介予定です。
posted by ぷにた at 23:57 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | ◆HP:東京23区自治体保育比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

【東京23区子育て比較'07】(8)江東区編

さて、我が江東区。
もう既に予算案から抜き出した子育て施策のご紹介は終わっているのですが、まあせっかくシリーズ化(爆)したことだし、もう一度まとめてみることに。

---------------------------------------------------------
19年度予算案のページ→こちら
<財政規模>
・予算総額:2,272億円
・一般会計:1,323億円

<主な子育て関連事業>
■医療費助成:
中3まで、通院医療費について自己負担3割分のうち1割分を助成
(所得制限なし:10月より)
→やばいです!19区が中3まで医療費を無料にする中、少々出遅れた感が!
個人的にはそこまで必要ないでしょうよ、と思うんだけど、他区が相次いで無料になると、やはり羨ましくなるのが人の性というもの…(苦笑)。

■児童手当 :
小6まで支給
→変更なし。

■保育園関連:
・19年4月より、「蓮美幼児学園とよすナーサリー」「ひまわりキッズガーデン豊洲」を開設。
・「ひまわりキッズガーデン豊洲」で非定型一時保育実施。定員10名。
・認証保育所を6園開設。
→江東区も保育園は一生懸命増やしてはいるんですけどねえ…それは認めるんですが、まだまだ供給が需要に追いついていない現状が浮き彫りに。本家サイトの「東陽町ひなたぼっこBoard」を参照のこと。

■幼稚園関連:
・私立幼稚園、幼稚園類似施設等の入園料補助増額
  現行4万円→5万円

■学童保育関連:
・豊洲三丁目学童、豊洲四丁目学童、東雲第三学童を4月よりそれぞれ開設。
→臨海地区を重点的に増設。

■放課後子どもプラン対策:
・「げんきっず」増設
現在、八名川小で行われている全児童対策事業「げんきっず」を毛利小で実施。
→同じ校内にある「毛利学童クラブ」との連携を図っていく模様。

■小学校関連:
・有明小・中学校整備計画事業
 有明小は平成23年度、有明中は24年度に開校予定。
・全小学校普通教室の冷房化

---------------------------------------------------------

明日は品川区の予定。
posted by ぷにた at 23:55 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆HP:東京23区自治体保育比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

次の犠牲者は…

先週のミユミユに引き続き、またもやインフルエンザにかかってしまった。

…今度は亭主が(爆)。

火曜日あたりから身体がだるいだの背中が痛いだの言っていたので、怪しい…と思っていたのだが。
しかもミユミユのB型に対し、亭主はA型。いったいドコでうつってきたんじゃ!

子どもたちにうつらないよう、完全隔離状態。食事も、個室で取ってもらう。
#ダンボールのテーブルで、ひとりわびしい食事…
#しかし、いたしかたなし!

タミフルを処方してもらったので(このご時世に勇気あるぅ〜(笑))、飲んだら1日で熱は下がったようだ。今日も会社から出社停止を言い渡され、自宅でビデオ鑑賞三昧の模様。

私は、といえば今日は朝から成田で、現在成田に向かう京成線特急の車中。何事もなく用件を終わらせて、マッサージにでも行きたいよ。とほほ。
posted by ぷにた at 09:54 | 東京 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | ●家族:すちゃらか家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。