2005年11月30日

あの日から、1年

大好きだった父が亡くなって、今日でちょうど1年になります。
#自他ともに認めるファザコンなのだった>ワシ

あの日から1年、早かったような、長かったような。
このブログでは「父上様・がん闘病」なんてカテゴリがあるにも関わらず、あまり闘病記らしいことを書いていなかったので、父の命日である今日、発病からの経過と私の思いを簡単に綴ってみます。


父は、2003年9月に食道がんに冒されていることが分かりました。
その時点ですでに食道が狭窄しており、食べ物もほとんど飲み込めない状態になっていました。手術での治療を覚悟していたところ、いろいろネットで検索してみたら「抗がん剤+放射線治療」というかなり有効な治療法もあると知り、それを薦めたのは私でした。
その治療法の最先端である「国立がんセンター東病院」にもつきそいましたが、高速バス中での重苦しい雰囲気、帰りのバスを待つ間、「お寿司をまた食べたいなあ、、、」という父の一言に涙したことなど、今でも忘れられません。

その2週間後から入院しての治療開始、つらい治療だったようですが、文句や弱音を吐きつつも(部屋が狭いだの、他の患者さんの歩く音がうるさいだの、あいかわらず神経質な(笑))、それでも約半年間入退院を繰り返しながら頑張ってきました。その結果、一時的に身体からがんが消え、2004年5月の69歳の誕生日にはお寿司屋でお祝い会も開くほどに回復しました。
ちょうど、私がハルリンをみごもったのもこの頃です。

しかし、その3ヶ月後には再発(遠隔転移)が確認され、がんセンターからは「再発の場合は治療ができないので、あとは別の病院で緩和治療を」と放り出されたような形になり、いわゆる「がん難民」となってしまいました。
その時の父の絶望感は計り知れません。

頼みの綱だったがんセンターに突然放り出され、私たち家族はこれからどうしてよいのか分からないまま時間だけが過ぎていきました。そして、みな覚悟を決めて緩和ケア病棟のある賛育会病院に面接を申し込んだのが2004年11月。月末に緩和ケアの面談をする約束になっていました。

そんな中、明け方トイレに立とうとして転んだまま起き上がれなくなり、弱った状態で救急車で運ばれたのが11月24日。緩和治療の件もあったので、賛育会病院に入院。入院した当初は血圧は低いものの意識もしっかりしていて元気でした。ただ、立ち上がることだけはできなくなっていましたたが、、、。

ハルリン出産の予定日は翌月17日で、父も何とか3人目の孫の顔を見ようと、数日は気力だけで頑張っていました。私も丁度その頃は産休に入っており、毎日病院にお見舞いに行って励ましていました。しかし、主治医の先生から「長く持っても今年いっぱい」と余命宣言、父も家族の表情からそれを察してか、28日頃から急に弱音を吐くようになり、食事もほとんど取らなくなり、生きる気力が失せていったようでした。

30日当日も、私は昼過ぎからお見舞いに行っていました。母も妹もお店(麻雀荘)があったので父と2人きりでした。父はずっとうとうとしていて、何を話す訳でもなく、だまーって4時間程過ごしていました。「ミユミユの保育園のお迎えがあるから帰るよ、いい?」と言っても、首を横に振って帰そうとはしてくれませんでした。

夕方6時頃になって、妹がやってきたので看病交代。明日からは狭い内科病棟の個室から、念願の緩和ケア病棟の広い個室に移れることになり、2人でほっとしたのを覚えています。そして父に一言。

「また明日も来るよー♪」と。

夜9時30分頃、アユボン・ミユミユと一緒にお風呂に入り、出てきてから留守電のランプがピカピカ光っているのに気が付きました。
妹からでした。

「今病院、急いで携帯に電話ちょうだい」

いやな予感がしました。
すぐに電話をかけました。
予感は当たりました。

既に心肺停止。

アユボン・ミユミユを連れてタクシーで急いで病院に駆けつけました、しかし父はベッドの上でもう冷たくなっていました、、、
4時間程前には、まだ確かに生きていて、会話も交わしたのに…。


1年たった今も、治療法は本当にあれで良かったのかとか、生きているうちにもっとできることはなかったのかとか、いわゆる「親の死に目」に会えなかったとか、楽しみにしていた3番目の孫を会わせたかったとか、もっと話したいこともあったのに、とか、、、いまだに後悔は尽きることがありません。

奇しくも友人も4年前の11月に最愛のお父様を亡くされ、ブログにその思いを綴っていますが、まだまだ私はこんな境地に達していないのが現状。私もいつかは彼女のように「ありがとう」と笑って言えるようになれるのかな。

父は私の勤務先から程遠くないところで眠っています。
一周忌は既に済ませましたが、会社帰りにちょっと挨拶でもしてこようと思っています。
じゃ、また後でね。

posted by ぷにた at 13:19 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | ●家族:父上様がん闘病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

前言撤回、女の子も…

たった今、ミユミユも吐きました(汗)。

とりあえず、皆発熱してないのが幸い。週末はゆっくり休みましょうかね。
posted by ぷにた at 04:36 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | ★WM:ドタバタな日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

男の子は…?

一昨日の朝起きると、ハルリンの枕元に嘔吐の跡が。夜中に吐いちゃったようだ。
#隣で寝てたのに気がつかない母も母(汗)
それ以来、下痢が続いてます。熱はないのですが。

そして今日、アユボンが2度嘔吐。
(身体がでかいので量もハンパでない(ーー;))

唯一元気なのはミユミユ。
「なんかねぇ〜ちょっと気持ちわるいんだよねぇ〜」とか言いながらも、晩ご飯はペロリ。ひとりケロっとしてます。男の子は弱いとよく言いますが、うーん、やっぱりそういうものなのか。

今、吐いたり下痢したり、という風邪?が流行っているようですね。皆様もどうぞお身体お大事に。

posted by ぷにた at 23:58 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ★WM:ドタバタな日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

風の子まつりにて

punita-2005-11-19T14_41_29-1.jpg


わざわざヨン様もかけつけてくれました(笑)


posted by ぷにた at 14:41 | 東京 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | ★WM:お仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風の子クラブについて、つらつら

15日から保育園の新年度申込みも始まり、新年度の入園に向けて佳境といったところ。そしていよいよ学童クラブの新年度申込みも来月半ばから始まります。

江東区内には41の区立学童と、4つの私立学童があります。現在4年生の長男・アユボンは、私立学童に通っています。今日は、その私立学童「風の子クラブ」のお話。

そもそもこの学童に申し込んだ経緯なのですが、申込み当初はまだ江戸川区に住んでいて、アユボンには1年生の11月まで引越し先の江東区内の学区へ越境通学をさせる予定でした。ところが、小学校は越境通学が認められたものの、区立学童については「他区に住んでる人は申込みできません」と門前払い。
#児童課は大丈夫だ、と言っていたのに、申込み先の児童館のおばちゃん職員は
#ダメダメ、の一点張りでした(`ヘ´)
#もっとも、申込みのしおりにも「区内在住者のみ」と記載はあったんですが

たまたま、当時公社南砂団地内で開設していた「風の子クラブ」のことを知り、保育料は区立より高いけれども延長保育は19時(当時、現在は最長20時30分)まで、6年生まで通え、指導員の先生も公立より手厚く配置(しかも男性指導員がいる)、ということでこちらに引かれ、結局お世話になることになりました。

あの時「風の子クラブ」との出会いがなかったら、少なくとも越境通学をしていた8ヶ月間、我が家はどうなっていたか分かりません。

■その時の様子を詳しく知りたい方はこちら→「アユボン・越境への道」-困惑の手続き編

いやー、でも入ったら入ったで、すぐに「風の子クラブ」の移転問題に直面し(団地自治会から、団地大ホールから出てけ、と追い出し要求くらってた)、いきなり団地内各戸を回って署名活動をしなきゃならない始末。おー、なんじゃこの学童は?と当然面食らいましたなあー(笑)。
その後、今の場所に移転先も決まり、家賃助成金アップを要求する署名も全国から集めたおかげで、家賃の全額補助も決まり、移転問題は無事1年で決着。

親が参加できる行事はほとんど参加しましたが、なかなかインパクトの強いおかーちゃんおとーちゃん揃いで(笑)、特に今までの親同士のつきあいを全くリセットしてこの地にやってきた私としては、風の子の親づきあいというものは大変ありがたいものでした。
#逆に、親の出番が多くて煩わしい、という方もいるみたいですが。
#でも子どもが小学生にあがってなお、子育て環境について他の保護者の方と話し合う
#機会がある、っていうのは貴重だと思います。保育園時代と違って、子どもが小学校に
#あがると、そういう機会は確実に減りますから。

アユボンも、お友だち関係が全くないままで新1年生の4月1日から風の子に飛び込んでいったわけですが、すんなりとけこみ、4年の今に至るまでにまあ悪さもし、友だちとケンカもし、時々「風の子やめる!」などとうそぶいてみたり(笑)、いろいろありましたねえ。
その都度キタロー先生はじめ指導員の先生と話したり(延長保育はお迎え必須なので、先生と顔を合わす機会も多い)、メールや連絡帳でやり取りしたりして対応してきました。
子ども30人に対し、指導員が5人、常時3人ぐらいで見てくれるので、先生方も子どもの様子を非常によく把握しているし、そのような対応も可能なのだろうと思います。

今日は、そんなアユボンにとって4回目の「風の子まつり」。子どもたちが4つの班に分かれて、パチンコ・的あて・くじびきなどのゲームを主催します。当然ゲームの準備や賞品の袋詰めも自分たちでやりました。アユボンは班の班長決めの際に立候補し、何と初めて班長に。高学年として、リーダーシップも育ってくれるといいなあ、などとちょっぴり期待しています。

「風の子まつり」は今日の14時まで。お近くの方はぜひ足を運んでみてください。もちろん、来年度入会を考えている方も。風の子の子どもたちの頑張りを見てあげてくださいね。
#私も午後からお手伝いに行きますよー(^^)

■「風の子クラブ」http://www.kazenoko-club.com/
posted by ぷにた at 09:54 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ★WM:お仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

じんましんをやっつける

結局、じんましんが全然治らずがまんしきれなくなり、会社から帰ってきてから近くの皮膚科に行くことに。
#おばあちゃんが来てくれたので大変助かった。

「内面的な原因でしょう」と先生。
「この時期のじんましんは大抵それですね。急に寒くなったりして体調を崩すと出やすいんですよ」

ちょうど風邪もひいてるし、そうなのかも。
という訳で、ポララミンというじんましんに定番の粉薬と、胃薬、あともうひとつ錠剤を処方してもらった。
#でもじんましんって塗り薬ないのね。ちょっとびっくり。

薬を飲み、その日は子どもより早く寝たら(爆)、あら不思議。今朝にはすっかりじんましんがひいていた。こんなことなら早く病院に行くんだったあ。

あとは風邪を早く治さねば…。
posted by ぷにた at 20:08 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ★WM:ドタバタな日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

ハルリン、11ヶ月

ハルリンは今日で11ヶ月になりました。

ちょうど昨日の朝登園すると、保育園で身体測定があったので
支度をしながらチェック。

 身長…76cm
 体重…9,600g (前月より700g増、よく食べるもんなあ)

着実にふくらんでます(笑)。



posted by ぷにた at 19:46 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族:すちゃらか家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

働くかあちゃんはつらいよ

風邪ひきました。
日曜日からは原因不明のジンマシンに悩まされています。

年度初めに30日あった年休も、すでに12日消化。来年早々にハルリンの停留睾丸の手術を控えているし、予防接種、個人面談、卒園式、、、と考えるとつい「自分のために年休使うのはもったいないし」となってしまう。
#子どもが3人いると、イベントも×3、とはいかないまでも×2.5ぐらいにはなるよね(T^T)

そーいや、今年度から改正育児・介護休業法により「看護休暇」が義務化されたよなー、ハルリンの手術にはこれが使えるな、と気づいて勤務先の就業規則を見たら、、、


載ってない(号泣)。


あらら、どうなってるのよー?!と早速総務部長につっつきメール。
#総務部長(女性)は中学高校の大大大先輩なのでつっつきやすい
#(↑失礼な(爆))
さあどうなるか、返事が楽しみです。


あー、それにしても私も「被・看護休暇(笑)」ほしーっす。げほげほ。



posted by ぷにた at 12:06 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | ★WM:お仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

今さらですが

ようやく以前利用していたexciteブログからの引越しが終わりました(笑)。何と8ヶ月越しです。
#何やってたんだか(笑)

これを持ちまして、古い方は削除依頼します。はぁー、ヤレヤレ。


posted by ぷにた at 03:08 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆HP:ホームページ作成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

オフ会も終わり…

先週無事本家サイトのオフ会も終わり、何だかふぬけたような感じになっています。

とは言っても、仕事は山のようにあるし(同僚が退職するのでその引き継ぎ三昧(涙))、週末は週末でまた忙しいしねえ。

一種の燃え尽き症候群みたいなモンですかねえ…


posted by ぷにた at 17:29 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | ★WM:ドタバタな日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

ひざまくら

image/punita-2005-11-04T23:21:47-1.jpg

ハルリン、アユボン兄ちゃんのひざの上でこっくりこっくり…。


posted by ぷにた at 23:21 | 東京 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | ●家族:ハルリンの寝顔♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。